Xmas Concert 2014 -その5(最終回)-

すごーくお時間がある方は↓からどうぞ。
2014/12/23 Godiego Xmas Concert 2014 (セットリスト)
2014/12/23 Godiego Xmas Concert 2014 -その1-
2014/12/23 Godiego Xmas Concert 2014 -その2-
2014/12/23 Godiego Xmas Concert 2014 -その3-
2014/12/23 Godiego Xmas Concert 2014 -その4-


「威風堂々」が終わり、舞台上のみなさんは一旦、退場。

筆者から見える範囲では、観客が総立ちの中、拍手は止むことなく続く。
そして演者のみなさんが再登場。メンバー&竹越さん、ホーンズのお三方、TSMゴスペルアンサンブルさん、指揮の池末さん紹介(←フルネームで紹介した方が良かったんじゃないの、と思ったり思わなかったり)。

いや、ここ、メンバー紹介で「一言」ってことになったんだけど、本当に一言or二言、三言くらいで、とにかく短かくて良かった。

タケは自分の名前が言いにくいって話から、タケの名付け親(童謡の「花火」や「たなばたさま」を作曲した下総皖一(しもふさ・かんいち)さん)が最初に考えたのは「光秀」だったとか。タケのお父様がそれを阻止し、「行秀」になった。下総さんが名付け親という話は何度も聞いて知っていたが、「光秀」説は初めてのような気がするが……。

21. “MIKUNI” (芸術劇場でやった女性ソロで♪Standing by the sea…♪。タケはとってつけたように♪Let your heart fly♪から歌に参加) まったくイミフ。 (#`Д´)ノノ┻┻;
あの女性ソロの方は何も悪くない。……んだけど、彼女が歌い出した途端、もう、筆者は本当にがっかりした。ゴダイゴのコンサートで、なぜゴダイゴじゃない人が主旋律を歌うのか全然分らん。Tommyでもいいじゃん。あいついい仕事するぜ。(-.-)y-゜゜゜ 天才がやることにはついていけない時がある。ただ最後の、タケも外れてクワイアのコーラスパートだけが残るのはドラマティックでものすごく良かったけどね。

22. “The Great Sea Flows”(←この曲が好きな人なら間違いなく泣いてたな)
“The Great Sea Flows”が終わると、ミッキーと竹越さんは場所をチェンジし、竹越さんはハモンドへ。
タケMC:今日はクリスマス風に厳かにコンサートをやりましたがどうでしたでしょうか?
会場:(拍手)

23. 「銀河鉄道999」(日・英)
観客全員が歌っている! ように見えた。少なくとも筆者の近くのお客さんは、みんな歌っていた。やっぱり強制で歌わされている姿より、自発的に歌うのを見ている方がうれしいな。
メンバーは楽器を離れ、舞台前面でヨコ一列に。
BGMはクワイアによる「きよしこのよる」(日)で、じーんとしながら終わる。

【終演(てゆーか、メンバー&クワイアの退場】
19:05頃、演奏時間:約1時間50分

【総評】
面白かった。楽しかった。最初はクリスマスソングとカバー曲&ヒット曲だけで終わるのかと思って、デジャヴのような不安感で一杯だった。けれど無駄なトークもなく、いいあんばいにレア曲も取り混ぜてあり、セットリストに工夫があってコアなファンにも納得のいく内容だったと思う。クリスマスソングのアレンジに関しては、さすがゴダイゴ! 彼らの音楽的センスが本当に好き!

まぁ、こうして大絶賛だけで終わるのも、気持ち悪いのでもう一言加えよう。
客席には頼まれもしないのに歌っている人が結構いた。その中にいて思ったんだけど、クリスマスソングって、みんな知っているメロディだから観客の中には口ずさみたい人もいたんじゃないだろうか。なのに、耳馴染みのあるクリスマスソングが、ほとんど英語詞。それは歌いたい気持ちを阻止しているようにも感じた。もちろん筆者はゴダイゴに関しては絶対英語至上主義だから、英語詞の方がゴダイゴらしいし、カッコいいと思う。

でも、普段、“Beautiful Name”であれだけ歌合戦で観客に毎回歌うことを強要、歌わせたがっているゴダイゴなのに、クリスマスソングメドレーでは、まるで逆の方向を向いているようにも思えた。知っているメロディなのに、口ずさめもしないというもどかしさ。 筆者だって「赤鼻のトナカイ」を歌いたかったもん。(ノД`) 三三七拍子をしながら”Jingle Bells”のサビを英語で歌った観客はどれくらいいたんだろう? そして“Beautiful Name”で歌合戦なし。(←歌合戦やれって言ってるんじゃないぞーー!!)観客の中に自然発生する歌いたい気持ちまで、ゴダイゴは考えが及ばなかったんだろうな。だって彼らは演奏し歌う側だから。

ゴダイゴのクリスマスコンサートはいつものように「未就学児童の御入場不可」だった。主催者の企画意図もあるだろうけれど、ゴダイゴはそもそも子供ウケするバンドだったので、いっそのこと、クリスマスは、お子様向けファミリーコンサートにしちゃうのも、一つの集客方法として有効だったかもしれない。
ゴダイゴのオリジナル曲だけで今回のような構成だったら、どんなにスゴイことになっていただろう……
と、妄想しながら

2014/12/23 Godiego Xmas Concert 2014 シリーズ おしまい

【ふろく】
GODIEGO Xmas Concert 2014へ行ってきた! (YouTube 2:57)

【業務連絡】
今年も主観と独断と偏見に満ち満ちた当ブログにお越しいただき、
本当にありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます。

2014/12/31 tiara_remix

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました