Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファンが選んだベスト20

ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ

スポンサーリンク

ゴダイゴ「ベスト10」

かつて、ゴダイゴ・ファンクラブWalk Onが、ゴダイゴ「ベスト10」を決めようと、投票を募ったことがある。

「あなたが今、ゴダイゴの曲のなかで好きな曲を一曲だけ投票してください。」(『Walk On 26号』(1981年9月・11月号)

と、いうことで、日本語ver.と英語ver.は一曲として集計し、最終的に出た結果が以下のリストである(『Walk On 28号』(1982年1月・2月号)。

「ゴダイゴ・ベストテン プラス10」
1. 「威風堂々」
2. “Gandhara”
3. “Tears”
4. “Three Years of Love”
5. “Dead End ~Love, Flowers, Prophecy”
6. 「銀河鉄道999」
7. “M.O.R.”
8. “Piano Blue”
9. “Try to Wake up to A Morning”
10. “Follow”
10. “The Sun is Setting on the West”  (“Follow”と同位)
12. “Sights and Sounds”
13. “Home is Calling Me”
14. “Lonliness”
15. “Mikuni”
16. “Thank You Baby”
17. “Cherries Were Made for Eating”
18. “Celebration”
19. “The Road of Silk and Spice”
20. “Kathmandu”

この結果をもとに、1982年1月21日(木)神奈川県民ホールにおいて、コンサートが行なわれた。セットリストは下記の通り。概ね前述のベスト20をカウントダウン式に演奏したようである。

ベスト20以外

ベスト20以外の曲もあるので、参考までに載せてみよう。

タケMC「順番がそのままなものであっと思う曲が突如としてでてきたりします……」。(『Walk On 29号』n.pag.)

1. “The Sunrise” (引用者注「ベスト20」には入っていなかったものの、おそらく、同年1982年1月1日発売直後のコンサートだから演奏されたものと推察する。)
2. “Kathmandu”
3. “The Road of Silk and Spice”
4. “Celebration”
5. “Cherries Were Made for Eating”
6. “Thank You Baby” (タケ・アサノさん・ヨシザワ3人の生ギターによる「ピーター・ポール&マリーという感じで」)
7. “Mikuni”
8. “Lonliness”
9. “So Hard to Leave”(TommyのソロアルバムTHERE COMES A TIME(1980.4.25)から)
10. “Home is Calling Me”
「たけちゃんのおしり」大合唱
11. “Sights and Sounds”
12. “The Sun Is Setting on the West”
13. “Follow”
14. “Try to Wake up to A Morning”
15. 「引退した黒姫山に捧げます」というミッキーのピアノソロ+“Piano Blue”
16. (テープによる“Introduction”)~“M.O.R.”
17. 「銀河鉄道999」
18. “Dead End ~Love, Flowers, Prophecy”
19. “Three Years of Love”
20. (アサノさんのダブルネックギターで)“Let It Burn”(引用者注:同年1982年2月1日発売予定であることから演奏されたと思われる。)
21. “Tears”
22. “Gandhara”
23. 「威風堂々」(タケMC「思ったとおりの結果で、ダントツの票をとった1位」)
24. (アンコール)“Leidi Laidi”
25. (アンコール)タケMC「ベスト20には入らなかったけど、ぼくらの好きな曲です。」“Where’ll We Go from Now”
出典:『Walk On 29号』(1982年3月・4月号)

上記の結果には、投票の募集期間と結果発表の時期が大いに関係するので、整理しておこう。

募集開始:『26号』(1981年9月・11月号)
結果発表:『28号』(1982年1月・2月号)

募集期間がアルバム『M.O.R.』(1981.9.1.)発表直後ということもあり、『M.O.R.』に収録された曲に多く票が集まっている。

その後のCM SONG GRAFFITI vol.2(1982.6.1.)やFLOWER(1984.1.21.)発表以降であれば、結果は大きく変わっていただろう。”Loving & Loving”も結構好きだな。

びっくりしたこと

いや~驚いた。

ふと気付いたら、いつの間にか、この投票結果からもう30年も経っている!

今、投票を募ったら、結果はかなり入れ替わるんじゃないかな。この30年間でゴダイゴのアルバムも出尽くした(笑)感がある。『ガンバロン』も出たし。つまりそれだけ選択肢が増えたということだ。それにファン構成も大幅に変わった。加えて、おそらくこれまで生きてきた経験や、それぞれの今現在の背景が反映された選曲になるだろう。今は今なりの「ベスト20」になるはずだ。それも興味はある。

「あなたが今、ゴダイゴの曲のなかで好きな曲を一曲だけ投票してください。」

となると……、難しいけれど、筆者はやはり“Guilty”に投票したい。

タケの曲でもミッキーの曲でもないって事が少し淋しいが、詞はTommyだし(公式版はW. Williams氏との共作)。

まぁ、第一位の「威風堂々」だって、もともと部分的にはサー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar、1857-1934)の曲だ。

だから、まぁいいか。

“Guilty”に一票!

【追記】
2014/10/05開催の野音ライブに向けたファン投票の結果は↓をどうぞ。
「e+得チケ! & リクエスト結果発表!」(2014/09/28)

ゴダイゴ
スポンサーリンク
tiara _remixをフォローする
Miscellany

コメント

  1. 青空 さん
    コメントありがとうございます。
    いやぁ、もう30年も前のことですからね。
    1年や2年(や、3年や4年…)の違いなんて、大したことはありません。
    歴史の試験じゃないんですから(笑)。

    「大体あの頃〇〇だったな~」って感じで、ゆる~く楽しんでいただければ、うれしいです。
    私は、この「ベスト20」については全然覚えていなくて、最近改めて結果を読んで驚きました。
    ”Dead End~”が、5位ってどうなんでしょう。

    それも、“Tears”や“Three Years of Love”より下位ということが、とても面白い発見でした。
    やはりM.O.R.発売効果でしょうね。

  2. tiara様
    またまた貴重な資料をありがとうございます。
    MORの発売時期に近かった話を読んで、自分がすごく勘違いしていたことに気がつきました。
    このベスト20、自分が高校1年のとき(MORの翌年)だとばかり思っていました。
    ベスト20の発表はWalkOnで確実に見た記憶があり、結果はわりと意外に感じたことも(自分が微妙な受け取り方をしていたThree Yearsの評価がとても高かったり、誰でも好きと信じていたThank You Babyが意外と下位だったり)よく覚えているのですが、それは全部82年度のことだと思っていました。
    その後だったのかな、川山サバ夫ネタとかが増えて、新曲にもほとんどお目にかかれなくなり、自分はなんとなく離れてしまったのでした。
    買ったのはヒットスペシャル(カセット)が最後でした。
    なんかネガティブな話ですみませんm(__)m
    自分は83年の前半にファンクラブを退会したと思っていたのですが、違ってたのかな、多分・・・
    とりあえず自分の記憶が大間違いだったことに気付かせていただいたtiaraさんに感謝です。

error: