Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キミは『タモリ倶楽部』を見たか? (その1)

tamori2016/02/26(金)テレビ朝日系列放送の『タモリ倶楽部』を観ただろうか。

タイトルは「ネパール人が大集合! 新大久保はリトルカトマンズだった!?」。

o(^-^)o わくわく

そりゃそうでしょう。1980年にネパール初のロックコンサートを開催したのがゴダイゴなのだから、ゴダイゴの話が出るかも! 伝聞でなく、現地の人の声で直接ゴダイゴの地元の評判が聞けるかも!

と、期待して番組を見始めた。(どうでもいい話だが筆者宅は未だにテレビがアレなので、動画共有サイトでなんとかお茶を濁している。←歯切れ悪すぎ)

スポンサーリンク

タモリとゴダイゴ

タモリとゴダイゴの繋がりは古い。1999年12月17日(金)放送『タモリの週刊ダイナマイク』(ニッポン放送、金曜18:30〜19:30)によれば、1977年(1999年放送の番組内で「22年前」とタモリが2:41~あたりで言及している)、ゴダイゴとタモリは前座として、『ビューティフル・サンデー』のカバーで知られるバンドのトランザムに同行し、東北ツアーに行っていた。

タモリがミッキーの話をするときに必ず触れる有名なエピソードは、この頃の目撃談だった。コンサート後に皆で食事に行ったとき、居合わせた見ず知らずの酔っ払いの歌にミッキーが伴奏で駆り出される。酔っ払いの無秩序なメロディに、ミッキーは自在な転調で音程を見事に合わせたのだとか。この話はいつ聞いても、何回聞いてもすごいな。

ついでに「トランザム」というバンド名をつけたのは、なんと、ジョニーさんだった!(「トランザム」Wikipedia、2016/02/28閲覧)

さて、ゴダイゴ、タモリ、トランザムのコンサートは(列挙する順番が違うかな?)、今風に言えばオープニングアクトがゴダイゴ、次がタモリ、そしてラストがトランザムの順で行われた。

タモリによればゴダイゴもタモリも当時は全くの無名だったから、パフォーマンスが終わってもまばらな拍手しかなかった。後年タケが「人気が出るまでは、どんなに良い演奏してもそれほどたくさんの人に興味を持ってもらえるわけでもなく…」(『ビューティフルネームの本』p. 119)と言っているのはここら辺の時代のことかもしれないな。

『タモリの週刊ダイナマイク』でこのエピソードが語られたのは1999年。つまりゴダイゴの期間限定再結成の年ということになる。トランザムがすでに解散し、メンバーがバラバラになっている一方、かつて彼らの前座で、客ウケが良くなかったゴダイゴとタモリのその後のめざましい活躍は説明する必要もないだろう。

再結成ツアー日程

1999年、期間限定ながらもゴダイゴは再結成し、新しいアルバムが発売された。

そして以下のようなツアーが行われた。

1999年11月19日(金)神奈川県民ホール
1999年11月20日(土)大宮ソニックシティーホール
1999年11月22日(月)大阪厚生年金会館
1999年11月24日(水)福岡サンパレス
1999年11月26日(金)新潟県民会館
1999年11月29日(月)東京ゆうぽうと簡易保険ホール
1999年11月30日(火)東京ゆうぽうと簡易保険ホール
1999年12月2日(木)宮城県民会館
1999年12月3日(金)愛知厚生年金会館
1999年12月7日(火)神戸文化ホール
1999年12月8日(水)島根県 石西県民文化会館
1999年12月10日(金)福山リーデンローズ
1999年12月15日(水)東京厚生年金会館
(『GODIEGO JAPAN TOUR ’99 New Beat』パンフより)

客席にたった一人

トランザムの前座として苦楽を共にし、その後、瞬く間に人気バンドの階段を駆け上がっていったゴダイゴを見てきたタモリは、長年の時を経た再結成に感慨もひとしおだったのではないだろうか。

スケジュールの都合からゴダイゴ再結成コンサートに行けなかったタモリは、リハーサルに顔を出したと言う。

そしてゴダイゴは客席に座るタモリ一人だけのために演奏を行った。

いい話だな~。(ノД`)

つまりゴダイゴとタモリはそれぐらい関わりが深い。

わくわく~~ o(^-^)o

えーと、何の話をしてたんだっけ?

あっ、そうそう。『タモリ倶楽部』ね。

「ネパール人が大集合! 新大久保はリトルカトマンズだった!?」
P1010088

リトルコリアとして有名だった新大久保が、2016年現在、実はリトルカトマンズでもあるというテーマ。そしてタモリとゴダイゴの1970年代からの間柄を踏まえれば、どこかでタモリさんの(なんでいきなり「さん」づけ?)、そして道行くネパールの人たちのゴダイゴに関する発言があるかも!!

筆者は期待していた。

わくわく。o(^-^)o

「キミは『タモリ倶楽部』を見たか?(その2)」へつづく。

ゴダイゴ
スポンサーリンク
tiara _remixをフォローする
Miscellany

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました