Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なにゆえこんなものを見つけてしまうのか!?

“Gandhara”といえば、おそらくもう説明がいらないほど日本国中津々浦々に浸透した曲と言っていいだろう。 30数年前の曲とはいえ、BSなどでの度重なる再放送、YouTubeなどの動画サイトのおかげで世代を超えて知っている人も多いと思う。

当時、解散に瀕していたゴダイゴが起死回生を狙って放った一曲。
サビ以外を書き直したり、タケがたどたどしい日本語で歌ったり、Steveが「ガンダーラ」と「ゴンドラ」を混同したり、数々の面白いエピソードがある。


HOME RECORDING DEMO ARCHIVE SERIES VOL.7

その甲斐あってか、ドラマもヒットし、ゴダイゴも歌番組の常連となり一躍有名になる。“Monkey Magic”のヒットも、“Gandhara”が決めたと言っても過言ではないだろう。もちろん「銀河鉄道999」だって、存在しなかったかもしれない。

筆者が行った2013年10月のBBL OSAKAでも、日比谷野音でも、2014年2月の北とぴあでも、タケは歌う前に「僕らにとって大事な曲です」と語っている。

そうだろう、そうだろう。この一曲がゴダイゴの運命を決めたのは間違いない。いや、ファンの運命だって決定づけたかもしれない。筆者だって“Gandhara”がなければ、2014年02月19日の今日、ネットの端っこでゴダイゴのことを、手を変え品を変え、ネチネチネチネチ書くことはなかっただろう。決して。

だからファンにとっても“Gandhara”は非常に大事な曲であり、大切にしたい曲なのだ。

いや、そんな話をしたいのではない。

ネットをウロウロしていたら、超絶に笑った小ネタを拾ったので、北とぴあレポそっちのけで紹介してみたい。

とある映画紹介サイトの批評で見つけたストーリー紹介の一部をどうぞ。

ストーリー:高級マンションの一室に設けられた秘密クラブ、ガンダーラ。そこで開催される乱交パーティーに、ニート、フリーター、サラリーマン、(中略)ピアスだらけの女たちが参加する。(続きはとてもここには書きにくいので、右のリンクでご覧ください。*よい子は見てはいけません。→『シネマトゥデイ』)

そっ、そんな~。/(ーー;)
30年以上、ずっと温めてきた崇高なイメージが見事にどんがらがっしゃ~ん。

いや、笑ったけど。

なにより、こんなものを見つけてしまう筆者って……。


西遊記

ゴダイゴ
スポンサーリンク
tiara _remixをフォローする
Miscellany

コメント

  1. 山田くんさん

    貴重なご意見ありがとうございます。
    この方がゴダイゴのファンの中でそのようにご高名な方だったとは、私の無知でした。お詫び申し上げます。
    これまで長年ゴダイゴを応援してきた方々にどなたがいらっしゃるのか、どこまでが誰にどのように許されているのかは、出戻りの私はほとんど知りません。

    確かに「どんなHN名乗ろうが個人の自由」ですが、後々の相互関係の構築と維持を考えれば、受け手の感情を無用に波立たせない方がよいと私は思います。「この程度」の基準が、人によってそれぞれ異なるのもやむを得ないでしょう。それに繰返しになって申し訳ないのですが、抽象的すぎるHNは無記名に近く、私は受け手として怖いです。この気持ちをご理解いただけたらうれしいのですが……。私の狭小な度量からご不快にさせたとしたら、大変申し訳ありません。

    ただ当ブログは私の幼稚な感情で書いているだけなので、他の方が貴重な時間を割いてまで読む価値があるとは到底思えません。ゴダイゴを話題にした良質で読む価値があるサイトやブログはネット上に星の数と言っていいほどあります。ですから他でご活躍されているのであれば、今後、当ブログのことは存在しなかったものとして忘れていただけるとありがたいです。そんな大したことは一つも書いてありません。

    さて当ブログのコメント欄では、できるだけエントリー記事の内容に関連づけていただくようにお願いしています。今回のHNの件については、お話ししておいた方がご本人にとって最終的には利益になると判断し、レスに付け加えたことが発端です。本意が伝わらなかったのだとしたら悲しいです。しかしあまりにも本筋からずれすぎました。今後、このHNの件で万一コメントが増えるようであれば、擁護派/否定派いずれも予告せずに削除させていただきます。自分から話題を逸脱しておいてすみません。どうぞご了承くださいませ。

    もちろん、エントリー記事に関連したコメントは大歓迎です。
    山田くんさんは、ご自身の信念から書き込んでくださったのですね。
    どうもありがとうございました。

  2. どんなHN名乗ろうが個人の自由では?
    この方は、あなたのブログにコメントされる以前からゴダイゴ関連のサイトでコメントされていますよ。
    しかし、この程度で怒るタケカワファンがいるとしたら、痛いとしか言いようがないね。

  3. タケふぁんさん
    コメントありがとうございます。
    楽しんでいただけたようでうれしいです。
    「ゴダイゴと関係ないじゃん!!」とちゃぶ台をひっくり返されても仕方ない無用な情報でした。
    ところで……
    コメントをいただきながら厚かましいことを申し上げて本当に本当に心苦しいのですが、今後ネット上でご活躍されるおつもりなら、そろそろHNを再考されてはいかがでしょうか。もしかしたら然るべき所から公認されたお名前でしたら申し訳ありません。また私が知らないだけで、「タケふぁん」さんというお名前ならこの方しかいない、と、一目置かれる方なのでしょうか。私の無知でしたら失礼をお詫び申し上げます。
    しかしながら、もしそうだとしてもあまりにも抽象的すぎるHNは、面識がない私は正直、警戒してしまいます(ごめんなさい)。また一般的に「タケファン」を名乗りたい人はとてもとても多いと思います。なので、このお名前をネット上で名乗られることは、不要に反感を買う可能性が高いです。純粋なお気持ちからなのでしょうが(ですよね?)、ネットは思いの外、怖いところです。用心に越したことはありません。それに今後、ネット上で知り合った方とライブ会場でも出会い、お話することもあろうかと思います。お互いに心置きなく交流するためにも、ネット上では当たり障りのないHNをおすすめします。
    ご理解いただけましたらレスは不要なので、もし次にコメントしたくなった時には新しいHNで、まるで初めてコメントする人のフリをしていただければ全然OKです。誰にも分りませんから。
    今後ともゴダイゴを応援してあげてくださいね。

  4. Bluebellさん
    コメントありがとうございます。
    「ポイント・オヴ・ビュー」って、どこに出てきましたっけ?
    実は全曲の歌詞を覚えていないんですよね……。ははは……(^^ゞ
    面白いので、いっそのことクイズにしちゃいましょうか?
    「秘密クラブ ガンダーラ」の件は、映画情報を読もうと思っていたわけではなくて、最初は、えーと、ニュースサイトを見ていたんだったっけな、ネット上を逍遙している時にありがちな、「あれ? なんでココにいるんだっけ?」というリンクの果てに見つけました。
    ゴダイゴ情報に限らないのですが、私はセレンディピティに長けていると思います。
    (↑自分で言っていいのか分りませんが……)

  5. くだらないっっlでも笑ってしまう・・・
    そういえば・・「そこに行けばどんな夢も叶うというよ」「自由なそのガンダーラ素晴らしいユートピア」
    いけないっそんなことを考えては。。。
    豆情報ありがとうございました。

  6. ゴダイゴの名曲に「ポイント・オヴ・ビュー」という歌詞が出て来ますが…。
    tiara_remix さんは、映画の情報を読んでいても、無意識のうちに、ゴダイゴに関連のある言葉を検索しているのでしょうか?
    私の場合は、映画などを観る時は意識して最後に流れる字幕を読みます。
    作品に関わった方々の人間関係が分かって、映画の内容よりインタレスティングなこともありますよ(^^)。

error: