Blue Note TOKYO 2ND レポ1 | Miscellany
スポンサーリンク
GODIEGO GREAT BEST ハイレゾ配信!

Blue Note TOKYO 2ND レポ1

2015/04/12 @Blue Note TOKYO 2ND (セットリスト&ダイジェスト)

開演 20:00丁度頃かな。

スモークが立ちこめるステージ。メンバーが客席を通ってステージへ向かう。上手側の通路からミッキーとアサノさん、下手側は、ちょっと順番が分らないけど、タケ、Tommy、Steve、竹越さん。
タケは例の袖口と襟が切り替えになっているタケ色のジャケット。Tommyは例のゴダイゴTシャツ、じゃなくて、青緑色(エメラルドグリーン?)地に白い☆マークの、CONVERSEの回し者か! と、ツッコミを入れたくなるTシャツ。それから……あとは全然憶えてないや、ゴメン、本当にゴメン! (-∧-) つまりそんなに衝撃的なカッコしてなかったってこと。

全員スタンバイ完了。タケが腰に両手を当てて待っている。

するとTommyのドラムロールが……

んっ、この曲なんですのん……??? σ(。・・。)?
と、思ったら、聴き慣れたファンファーレ風のイントロへ。

1. “Mirage”
最近“Mirage”よくやるな。(-.-)y-゜゜゜
と思いながら聴いてたんだけど、意外と良かったんだよな~。まぁ、タケも最近MANDALAで歌ったばかりだから、リハーサルは十分で、熟れている感じ。

タケ:こんばんは! ゴダイゴです!
という一言に続き、ミッキーのピアノが入って-

σ(。・・。)? えーとえーと、なんだったっけ、この曲は……? タケソロの『ゴダイゴ・シングル・コレクション』コーナー同様、またしてもイントロ当てクイズ状態。(爆)

♪Let me get to know you…♪

おおっ、“The Morning After”か~。(^^ ) ゴダイゴのライブでは初めて聞くような気がする。つか、“The Morning After”のイントロだったのか、あれは! アルバムではイントロないもんね。
あれっ? おおーーーっ! (゚∇゚*)!!  タケがこっちを向いて歌っている!
タケ~~~~~!!! (^▽^)/~~~~~~

♪Oh baby baby, can I stay
Till the morning after, the morning after
Baby baby ううっう~♪

エロい……。よくこんなエロい歌を公衆の面前で堂々と歌えるな。(←個人の感想です)

2. “Taking Off!”(日・日)
間奏ではアサノさんが前へ出てきてタケと横並びでノリノリ。
アサノさん、今日もカッコいいですぅぅぅ~。

タケ:どうもありがとう。改めまして、ゴダイゴです! Tommyにバトンタッチします。
ここでBlue Noteの女性スタッフさんが、グラスの載ったトレイを持ってステージに上がり、Tommyにグラスを手渡す。

Tommy、ステージでお酒飲んじゃうの? 飛鳥Ⅱのサイン会でワインを飲んでたから、もしかしてアル中なの? と、ドキドキしていたら-
Tommy:宣伝コーナーです。(受け取ったグラスを持ち上げ)ゴダイゴのカクテルなんですけど、“Holy & Bright”です。コレを飲むと、“Holy & Bright”になります。

↓スペシャルカクテル “Holy & Bright”(1300円。税・サービス料別)
Cocktail
(ピンボケを深くお詫びいたします)

Tommyの発言の後半は科学的根拠が皆無だけど、なかなか面白いこと言うじゃないの。そして大阪、名古屋でのゴダイゴライブと、お嬢さんのShantiさんのライブの宣伝が続く。Tommyが「Blue Noteで3、4曲歌う」って言うから、Tommyがゲスト出演するのかと思ったら、タケが「Shantiがね」と、フォロー。なんだろこのコンビ。(^▽^)

タケ:(Tommyに)その内、「Shantiのお父さん」って言われるようになるよ。
Tommy:うれしいよ。

筆者にとっては、ずっと「ゴダイゴのTommy」だもんね。(^_-)-☆

3. “A Face in the Crowd”

♪I saw a face in the crowd…♪

いや~、ここのフレーズで泣きそうになっちゃった。ってゆーか、歌が進むにつれて、じわっと涙が……。
タケが筆者に向かって都会の孤独感を訴えかけている。ああ、こころが痛い。(ノД`)
この歌詞、深かったんだ……。

いや~、めちゃくちゃ良かった。まさか“A Face in the Crowd”でこんなにじーんとくるとは思ってもみなかった。この曲は確かイオンのGGコレクションの時に筆者は初めてライブで聴いて、その時は単にレア感でぶっとんだ、感激したんだけど、今回は、なんていうのかな……、なんか……、歌詞が意味を内包した言葉として筆者まで届いたんだ。

この曲を聴きながら暗闇の中で筆者は思っていた。
あー、ゴダイゴ愛してる!!!
ボーカルはタケじゃなきゃやだ。
o(>< )o o( >< )oイヤイヤ

「Blue Note TOKYO 2ND レポ2」へつづく

error: