Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

感想集 その3

色とりどりスポットライト

Sweetaholic / Pixabay

2013/04/14 セットリスト@AMLUX HALL
感想集 その1
感想集 その2

【邦楽コーナー 総評】

タケの話によればこのカバーアルバムの企画は徳間ジャパンからオファーされたようだ。

タケは「カバー」ではなく、「復元」と呼んでいた。ビートルズのコピー・アルバム(カバー・アルバム?)を作った経験から、あんな感じで細かい所までオリジナルの演奏を復元したらしい。だが、ちょっとだけ楽器を加えたり、工夫したところもあるんで、原曲と比べて違いを発見するのも面白いんじゃないかと言う。確かに、どれくらい復元されているか比較したくなる。

第1曲目の「異邦人」のイントロでびっくり。オケの出来は本当に素晴しい!! タケすごいな。よくここまで一人でやったと思う。素人の筆者には、一回聴いただけではオリジナルとの違いがまったく分からない。歌っているタケよりオケに集中し、そのできばえに感動した。タケは音楽家だから、オケの復元って精密機械の分解とかデータ解析みたいに、すごい楽しいのだろうな。このオケにかかわるタケの解説がめちゃめちゃ楽しそうだったもの。

だけどタケファンならこのオケにも注目するけど、ファン以外の購入者のほとんどは、歌しか興味がないんじゃないだろうか。カバーアルバムって結構難しいものなんだな。どうしても原曲と比較したくなるし、出来が原曲以上、つまり歌い手独自の世界観に聴く人を引き込んで当然、少なくとも原曲と同等のクオリティでなければ、聴く側は満足しないだろう。その点、(ファンではないが)徳永英明は上手い! タケはやっぱり歌手としては、音楽的には正しく歌っているかもしれないが、表現力がおしい。おそらく最優秀歌唱賞は狙えない。

歌謡ショーかと

タケが「復元」したオケで歌うのを見ながら、(赤とか青いライトが光る昭和っぽいライティングの演出もあるけど)、一瞬、これは懐メロ歌謡ショーかと、いや『ザ・ベストテン』か、芸能人カラオケ大会でも見ているような錯覚に陥った。つまりそれくらいオケは良く出来ている。本当に良く出来ているんだけど、ライブに来てるのにカラオケって、なんとな~く物足りない気分がする。筆者だけだろうか。

タケ曰く、ゴダイゴの一連のヒット曲も「そっくりにコピー」したらしい。今回の復元でゴダイゴが、すごく難しいことを簡単そうにやっていたことに気付き、タケはメンバーの演奏力の高さに「あの人たちはスゴイ!」と大絶賛していた。そうだろうそうだろう、フフフ(*^^*)。やっぱりゴダイゴ話が一番好きだな。

タケがそんな話をうれしそうに話す一方で、筆者は次第に複雑な気持ちになっていった。

ゴダイゴの演奏「そっくりにコピー」することに、何の意味があるの?

タケ自身はゴダイゴの演奏に極めて近い良質なオケを後々営業に使うことができて便利だろう。タケの音楽的テクニックのデモンストレーションにもなる。けど結果的に、それは元々の演奏者の存在が消えることになる。タケは復元が楽しいから、やってみたいからやっているだけで、全然そんなことは微塵も考えていないだろう。

このことはたとえばベストアルバムの演奏をゴダイゴで、ボーカルだけを竹越初音ミクに差し替えて発売することに近いんじゃないだろうか。タケがゴダイゴの演奏を復元するのをミッキーは知っているようだから(『総合文学ウェブ情報誌 文学金魚』「音楽と絵画への旅 (前篇)」)、ゴダイゴ内では了解済なんだろう。今後、タケのソロイベントライブなどでタケが“Gandhara”や“Monkey Magic”や「銀河鉄道999」を歌う時のオケは、ゴダイゴの演奏のようだが実はゴダイゴが演奏してるんじゃなくて実際にはタケがゴダイゴの演奏そっくりにコピーしたやつになるかもしれない。

ミッキーもアサノさんも、ゴダイゴの曲を自分のアルバムに収録している。でもそれには彼ら独自のアレンジが施されている。タケはタケのアレンジバージョンを収録すればいいのに、なぜ「そっくりにコピー」しようと思いついちゃったんだろう? 天才の考えることはワケ分からん。(・・)?

こうなったらタケの復元アルバムが、より多くの人のゴダイゴを聴くきっかけになればいいな。

そして、「ゴダイゴ、まじかっけー! Σ(゚∇゚*)!!」って思ってくれたら、うれしい。

「感想集 その4」へつづく。

コメント

  1. メグメグ さん
    コメントありがとうございます。
    カバーアルバム大流行ですね。(^^ )
    売れそうなものを売れそうな時に売る、というのは商売の基本です。
    私はカバーアルバムが、徳間ジャパンからのオファーだって話を聞いて、なんとなく嬉しかったです。
    作曲家としてのタケではなく、歌手としてのタケを「売れそう」と思う人がいたってことですから。
    結果は、近いうちに分かるでしょう。

  2. レンタルショップで働いてますが、(セルもあり)カバーアルバムありすぎです。
    もうありすぎて、訳がわからないほど。ここまでくると、またか!って感じが否めない、今日この頃。
    はじめは、(徳永あたり)物珍しくてよかったのでしょうが、まあ、でるは、でるは、なので、タケがカバーって聞いたときは、「タケもなんだ…」って実は複雑でした。
    でも、アンケートとるなら事前告知して欲しかったな。とっさに思いつかなかったもの。

  3. コメントありがとうございます。
    オリジナルアルバムよりカバーアルバムの方が売れる傾向にあるらしいです。
    資本主義社会ですからね~。(しみじみ)

  4. 最近、由紀さおりさんが美空ひばりさんの歌を歌ったり、チャゲ&飛鳥のアスカさんが布施明さんの昔の歌を歌ったり、昭和の歌謡曲のリメイク作品を創ることが、流行っているのかも知れませんね(^^)。
    タケカワユキヒデさんも言っておられましたが「二次使用されることが大事」なのかも知れません。

error:
タイトルとURLをコピーしました