Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

THE GLACIER FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN -1-

AlainAudet / Pixabay

『キタキツネ物語』という作品群がある。

これはもう、「群」と呼んでいいだろう。

映画にサントラに……あと、何があるんだっけ……?

とりあえず、整理してみよう。

スポンサーリンク

映画

・映画 『キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN』 (1978年7月15日公開)

サントラ

・サウンドトラック『キタキツネ物語』 (1978年7月10日発売)

・『キタキツネ物語 ALTERNATE SOUNDTRACKS+ タケカワユキヒデ/HOME RECORDING DEMO IN 1978』

・『タケカワユキヒデHOME RECORDING DEMO ARCHIVE SERIES VOL.6』

日本国内では2012年10月現在、以上4作品。

英語版サントラ?

今回は、この作品群に、コッソリ英語版のサントラを追加しよう。

YouTubeに映画『キタキツネ物語』の英語版THE GLACIER FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN(以下、THE GLACIER FOXと略記)がアップされているのはずいぶん前から知っていた。ただ、あまりにも細かく分割されていたため、収集が面倒くさ……、いや、収集に手間取ってしまった。

最近、ようやくtiara_remixのチャンネルにて、THE GLACIER FOX収集完了(`_´)ゝ。本編約90分。

英語版を初めて見たけど、日本語版で担当したの歌手の方々のイメージが大きく損なわれることなくキャスティングされていて結構良かった。アレンジや歌詞が違ったりするのも楽しめた。筆者はリージョンフリーのDVDプレイヤーを持っているので、DVDで発売されたら買いたいな。

意外だったのは、まず、タイトル。“glacier fox”≠「キタキツネ」だと思う。本来、「キタキツネ」にあたる英語は、“a (northern) red fox”とか“Vulpes vulpes”とか(研究社『新和英大辞典 電子増補版』)。ところが英語のタイトルはTHE GLACIER FOX。この“The glacier fox”というフレーズが、むちゃくちゃカッコいい! “glacier”って、「氷河」ってことだから、流氷/氷河を渡ってくるフレップにぴったり。

英語版サントラ『キタキツネ物語』のタイトルは何にしようかな。

う~ん……
そうだ、こう勝手に名付けてしまおう!

“THE GLACIER FOX PARALLEL SOUNDTRACKS”
ぷぷ。日本国内で発売するとしたら、『キタキツネ物語 PARALLEL SOUNDTRACKS』だな。

妄想、妄想 (^-^)

さて、コンテンツを紹介する前に、東の端っこからアップ主さまにお礼を申し上げます。
感謝しつつも、この動画には一つだけ不満がある。VHSをデジタル化した画質でも音質でもない。それは、たまにとんっっっでもない場所で切られているってこと。以前はYouTubeのアップロード可能時間が短かったから細かく分割せざるをえなかったんだろうけど、それにしても……!!! 音楽に対する愛が感じられない時がたまにある。それだけが残念。そもそも、どーゆー感覚だと……。

いや、感謝、感謝。本当にありがとうございます。(*^^*)

PARALLEL SOUNDTRACKS

(勝手に命名→)“THE GLACIER FOX PARALLEL SOUNDTRACKS”収録曲の各タイトルは、筆者所有の資料に基づいた。カッコ内は、THE GLACIER FOXのエンディングロールの情報と歌詞から推理した英語版の曲名である。筆者は英語版の題名と曲を照合できる資料を持っていないので、絶対に正しいとは限らない。もし違っていたら、是非、ご指摘ください。

“THE GLACIER FOX PARALLEL SOUND TRACKS”

1. “In The Quest of the Northern Sun” (“The Quest of the Northern Sun”)
2. “To Be Close” (“To Be Close”)
3. 「やすらぎ」 (“Treasured Dreams”)(作曲:佐藤勝)
4. “Life Is a Mystery” (“Everything is Mystery”)
5. “Good Morning World” (“Good Morning World”)
6. “Laughing in the Sunshine” (“Laughing in the Sunshine”)
7. “It Don’t Have Mercy” (“No Mercy”)
—–“It Don’t Have Mercy”
8. “I Wanna Live” (“I Will Survive”)
9. “Big Adventure” (“Big Adventure”)
10. “You’re on Your Way” (“We’ve Come to the Crossroads”)
11. “Time for You to Go” (“The Wind Will Bring My Love”)
12. “A Warm Wind’s Blowing ” (“Vagabond”)
13. “In The Quest of the Northern Sun”
—–“In The Quest of the Northern Sun”

Tommyじゃないっ!

いや~、今回は珍しく“Life is a Mystery”とかを聴いても「タケじゃないっ!(#`Д´)ノノ┻┻;」とは全然思わなかったんだけど、“Laughing in the Sunshine”には、「Tommyじゃないっ!卍≡=- \(`´ #)」を連発してしまった。やっぱり、この曲はTommyにしてほしかった!!

何回も書いてると思うけど、これからも何回も書くと思うけど、とにかくTommyがリードボーカルの“Laughing in the Sunshine”は秀逸。泣ける。

xeppo / Pixabay

チニタを優しく惑わせるさざ波のようなゴダイゴのコーラスもステキ。(アップ主さまありがとうございます)

当時、ゴダイゴで英語版をレコーディングしたらよかったのに。もちろん、“Laughing in the Sunshine”はTommyで。まぁ、今のゴダイゴでレコーディングして、『キタキツネ物語 Parallel Soundtracks by GODIEGO』リリースっていうのも、そそられなくはないんだけど……。それだとなんとなく後ろ向きな感じがするんだよな。それにTommyも声が変わっちゃったから、当時のようなピュアで健気なチニタは難しいだろうし……。

時の流れというものは……

この忙しいのに、「THE GLACIER FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN -2-」へ、つづく。
Σ\(- -;) ナンデヤネ-ン!

セルフ・ツッコミしてみました。o(^-^)o

コメント

error: