Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

僕のソングブック~ OUR DECADE in TOKYO

2012年4月15日(日)
~僕のソングブック~ OUR DECADE in TOKYO
アムラックストヨタ5Fアムラックスホール
15:30~

sbang_28 / Pixabay

上手にアコースティックギター二本。

下手にエレピ。

拍手-。

タケ 「(中央に座って)こんにちは、タケカワユキヒデでーす。今日はアサノさんだけじゃなくて、もうひとかた……。ミッキーではありません。竹越かずゆきくんです。」

(以下、第一部、第二部、第三部という分類は、便宜上筆者が名付けたものです)

スポンサーリンク

第一部「エキゾチックな曲」

第一部:タケいわく「エキゾチックな曲を」(竹越さんとタケの二人で)

1. “Kathmandu” (日/英)
2. “Silk and Spice”
3. “Hazy Nun”
4. “Night Time”
5. “Gandhara”(日/日)
6. “Namaste”(日英混在)
~竹越さん退場~

第二部:アサノさん登場。

タケ「ハードなタイプの曲を生ギターで」。
アサノさん「ある意味イジメだよ」(笑)。

7. “Dead End~Love, Flowers, Prophecy”
8. “(Crime Is) The Sign of the Times”
9. “The X-Ray Vision of a Poet”
10. “Dazzled Blind by You” (英/日)
11. “Love You Tonight”

~アサノさん退場~

~竹越さん登場~

第三部: OUR DECADE (竹越さんとタケの二人で)

12. “Easy Rider”
13. “Shock, Shock, Shock”
14. “Try to Wake Up to a Morning”
15. “Close-Ups”
16. “Deep Red”
17. “Purple Poison”
18. “Lighting Man”
19. “A Boring Day up on the Moon”
20. “Imitation”
21. “The Sun is Setting on the West”
22. “The Dragon’s Come Alive”
23. “Promise at Dawn”

~アンコール~

タケ+アサノさん+竹越さんで
24. “Progress and Harmony”
25. “Where’ll We Go from Now”
タケ「もう一曲やりますか?」
26. “Monkey Magic” ←今日は蜘蛛の糸は持ってないんかいっ!(^^ )

*原キーだったらしい。
タケが一曲も演奏しなかったので、すごく安心して聴くことができた。
アサノさんは凄い。

彼の凄さを改めて目の当たりにした。
この一言に尽きる。

コメント

  1. Yumiさん
    コメントありがとうございます。
    日曜日は楽しかったですね。
    共通の萌えポイントもさることながら、共通のドン引きポイントも面白かったです。
    こちらこそ、よろしくです。(*^^*)

  2. 日曜日はお疲れ様でした。
    良いライブでしたね~
    歌に専念していたからなのか、タケの声の状態がすごくよかったですよね。
    テレビでの歌声と同じ人とは思えないぐらい…(汗)
    ライブ後もありがとうございました。
    めちゃくちゃ楽しかったです。
    お互いのタケ萌えポイントが大体同じことが分かりました(笑)
    今後もよろしくお願いします。

  3. コメントありがとうございます。
    お尋ねの件についてですが、私は狭量な人間なので、無記名でのご質問にコメント欄でお答えする気持ちにはどうしてもなれません。また、そのような立場でもありません。
    リアルタイムのファンならば、誰でも答えられることです。
    無記名での質問に答えてくれるサイトや心の広い方のブログは多々あろうかと存じます。
    そちらでお尋ねくださいませ。
    不遜ではありますが、あしからず。

  4. 曲目UP,ありがとうございます!!
    すばらしい~。
    ところでタケさんのお話しの中で
    過去の危険地区での映像(映画?)出演のようなことがありましたが、それはいったい何だか
    おわかりですか?もしもご存じでしたら教えていただけたら嬉しいです。よろしくおねがいします。

error: