タケソロ DAY2 レポ4 | Miscellany
スポンサーリンク
GODIEGO GREAT BEST ハイレゾ配信!

タケソロ DAY2 レポ4

すごーくお時間がある方は↓からどうぞ。
2015/03/28 タケソロ DAY1 @南青山MANDALA
タケソロ DAY1 レポ1
タケソロ DAY1 レポ2
タケソロ DAY1 レポ3
タケソロ DAY1 レポ4
2015/03/29 タケソロ DAY2 @南青山MANDALA
タケソロ DAY2 レポ1
タケソロ DAY2 レポ2
タケソロ DAY2 レポ3


~ENCORE~
タケ登場

タケ:“Yellow Center Line”をピアノを弾かないで歌うのは生まれて初めてで……

ヽ(`.´ *) ちょっと待って、ちょっと待って、お兄さん……(ヨシ、流行に乗ったぞ!)

“Yellow Center Line”は、ゴダイゴのコンサートでも何度も、何度も演奏されていて、今や定番とも言える一曲。世の中にはゴダイゴのセットリストを記録しているマニアさんがいるのだ。マニアさん、ありがとう!!

筆者がゴダイゴファンに戻ってきてから憶えているだけでも……、あ、全然憶えてないや、だーっはっは(^^ゞ。で、当ブログの過去記事によれば、ミッキー還暦ライブのGODIEGO NIGHTでは、ミッキー、タケ、竹越さんの3人でキーボードを弾いた。ってことは、やっぱりタケが言ってることは正しいんだろうな。ゴメンゴメン。

次回のタケソロでは、『ゴダイゴ・シングル・コレクション』の続きなんだけど、“Monkey Magic”、“Gandhara”、“Beautiful Name”など、ヒット曲がぎっしり。英語詞版と日本語詞版がある場合は、それぞれやると……。

ふなりん登場。
キーボードの前に座ると、タケが曲数が多くて大変だったって話をする。ふなりんはそれに激しく同意。しかし、タケが「100曲コンサートをやる人もいるから、その内、千曲コンサートを」なーんて冗談を振ると、

ふなりん:やりましょう!!(*`´*)キリッ

と、立ち上がってキッパリ。(爆)

26. “Making My Way”
作ったのは74年暮れ頃。“Yellow Center Line”と同時期に歌詞をもらったかもとタケは回想する。1975年にFM東京のライブ番組に「タケカワユキヒデとミッキー吉野グループ」名義で出演した時に演奏した曲。それをエアチェックしたのをタケはもらった。他に音源はない。世の中にはすごいマニアさんがいるものだ。

ここでタケの訳詞披露。「ガラ悪く訳した」って事で、「あんたたちとは違うよ……○※△☆#%@&□」って、すごい早くてムリ……orz。

当時日本にいながらにして英語で歌うことを選んだタケへの陽子さんからのエールではないかと……、直接聞いたわけじゃないんで、陽子さん自身に何か気に入らないことがあったのかも……

聞いてないんかい!(#`Д´)ノノ┻┻; 歴史的事実をゲットしたと思ったのに! 

それはさておき、ここで昨日に引き続き当時の音源を流してくれた。一日目より短かったと思う。でも1975年の演奏! 1975年(←23歳)のタケの声!!  o_ _)ノ彡☆ばんばん!!

当時の演奏がフェードアウトし、間髪入れずにふなりんのイントロ

そして-
♪I got different eyes from you
I can see the morning light
We’ve been through a light in the dark
I make my way all right

(諸事情により中略)

Maybe it’s just the way we look at it
Maybe it’s just the one
Oh making my way all right
I’m beginning to feel all right

(Repeat from the beginning)

*Maybe the way you look is
Making my way all right
Maybe just my want is
Making my way all right♪
【業務連絡】↑正しいとは限りません。
当ブログは色々なマニ方々に支えられております。ありがとうございます。

27. “Mirage”
「『シングル・コレクション』の続きをやります!」というタケの宣言で“Mirage”へ。

28. “The Water Margin”
なんてったってこちとら二連チャン。タケが歌う “The Water Margin”への心の準備は万端だった。

なのに!

タケ:ピート・マック・ジュニアが歌う日本語で……
筆者:えっ!?

と、うっかりマジで反応しちゃった。(~_~;) 

ちなみに邦題は「夜明を呼ぶもの」。

♪Carry us on to victory
Mighty Gods of War♪

♪昨日は昨日さ
明日(あす)じゃない♪

内心爆笑してたんだけど、まぁ、よく考えると、「昨日は昨日さ明日じゃない」とは、なんと哲学的なフレーズ

なの……か……な? σ(。・・。)?

パフォーマンス自体は力強い歌と演奏がマッチしていて良かった。かねてよりカバーコーナー不要論を強く主張する筆者ではあるが、「夜明を呼ぶもの」を叙情的に歌い上げるタケの声を聴きながら、タケに「ああ人生に涙あり」を歌って欲しいと思ってしまった。不覚であった……orz

【総評】
『ゴダイゴ・シングル・コレクション』コーナーは面白かった。筆者はこのCDを持っていないので、曲順が分らず、さらに律儀にもインスト曲まで演奏するもんだから、すっかり「イントロ当てクイズ」状態。それにレア曲も聴くことができたし、かなり満足度は高かったな。

今回のセットリストは“Monkey Magic”以前の曲ばかりだからヒット曲はなかったんだけど、タケの中では「ヒット曲はたくさんある」。うんうん。(^^ )

インスト曲もめちゃくちゃカッコ良かった。音楽家って本当にステキ。つか、ふなりんすごいな。桔梗屋さんの無理難題をちゃんとこなすもんね。よくやった!
(*^―^)//”” パチパチパチパチパチパチパチパチ

おしまい

error: