Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2015/03/29 タケソロ DAY2 @南青山MANDALA

2015/03/28 タケソロ DAY1 @南青山MANDALA


タケwith ふなりん
*セットリストはほぼ昨日と同じ。MCが結構違ってた。
昨日よりMCがちょっと多かったような気が……。

【セットリスト】
・洋楽カバー
1. “Blue Suede Shoes”(Carl Lee Perkins)
2. “Promise” (2行くらい英語で、あとは全部韓国語)韓国ドラマ『イケメンですね』の主題歌。
タケがお嬢さんのツテでチケットを手に入れ、チャングンソクのファンミーティングに行ったという話。(爆)
5000人中男性がタケを含めて4人! タケはマスクに眼鏡という格好で一般席に座った。(爆)
ゴダイゴのファンミーティングはどーなったの?? σ(。・・。)?

3. “I Was Born to Love You” (Queen)
4. “Smoke Gets In Your Eyes ” (Platters )
5. “Time after Time” (Cyndi Lauper)

・邦楽カバー
6. 「j.e.a.l.o.u.s.y」 (作詞:湯川れい子、作曲:タケカワユキヒデ、歌:池田聡)
7. 「安奈」(甲斐バンド)
8. 「そして僕は途方に暮れる」(大沢誉志幸)
9. 「神田川」(かぐや姫)

・ゴダイゴ・シングル・コレクション
10. “Passing Pictures”
なんでこの曲から始まるのかというと、タケが言うには「『ゴダイゴ・シングル・セレクション』がこの曲から始まっているから……」だそうで……。ふなりんの口が何度も「コレクション」と動いて無言の主張をしていたのに、タケってばそれに全然気づかない。(爆) タケにとっちゃ「セレクション」も「コレクション」も大差ないんだろうな。まぁ、そーゆーヒトです。

で、“Passing Pictures” から始まるのはタケの40周年だから、ってことで、「ゴダイゴの40周年は“Salad Girl”から……」とか言っていた。口先だけ?

11. “Night Time”
12. “Now and Forever”
13. “Pretty White Bird”
14. “Uncle John” (ナレーションなし)
15. “Smile”
16. “Salad Girl”

17. “Yellow Center Line”
タケがキーボードを弾かないで歌うのは「生まれて初めて」と言っていたけど……。そうだったっけ……? 竹越さん来てからこの曲を歌ったことがあるような気が……。

18. 「いろはの“い”」
昨日に引き続きヾ(≧▽≦)ノ しびれました!
DSC00197
↑コレをタケはマイクに音が入るように持ち上げて左手で支え、右手でメロディを弾いていた。

19. 「警察のテーマ」
これもインストなんで、「いろはの“い”」と同じ楽器構成で。二日連続でホレボレしましたぜ。
(*´σー`)
20. “Symfonica”
21. “Now Your Days”
22. 「ハウスのふたり~ハウス愛のテーマ~」(作詞:橋本淳、作曲:小林亜星、編曲:ミッキー吉野、歌:成田賢)
23. 「ハウスのテーマ」(作曲:小林亜星、編曲:ミッキー吉野)
いや~、たまげたね。この曲までやるとは! 「いろはの“い”」の時と同様に、タケが例のキーボードでメロディを。CDの曲順そのまんまなんだけど、この曲まで忠実に演奏するとは。本当にスゴイ!

24. “Cherries Were Made for Eating”
この曲はパブロフの犬のようにイントロを聴くだけで「ぴゃぁぁぁ~っ(///∇///)」って思うんだけど、この曲だけは昨日の方がタケだった。
25. “Yes, I Thank You”
おおっ。タケがこの曲を歌うだけでも、めちゃくちゃレア!

~ENCORE~
26. “Making My Way”
*1975年にFM東京のライブ番組に「タケカワユキヒデとミッキー吉野グループ」名義で出演した時に演奏した曲。それをエアチェックした人がいて、その人からタケがもらった。“Yellow Center Line”と同じ時に歌詞をもらったかも。作曲は1974年暮れ頃。
タケ曰く「ガラ悪く訳してきた」ってことで、タケ訳紹介。当時、日本にいながらにして英語で歌うことを選んだタケへの、「奈良橋さんのエールじゃないかと思っているけど、もしかしたら陽子さんが何か気に入らないことがあったのかも。(陽子さんに)聞いてないんで分らないけど……」。
ま、それはどうでもいいんだけど、当時の音源が残っている!!!! 会場で少し流してくれた! 昨日より短く感じたけど……。

♪I got different
******
I can see the morning light…♪

27. “Mirage”
28. “The Water Margin”(日本語詞)
タケが「ピートマック・ジュニアが歌う日本語で……」
と言った瞬間、つい「えっ!?」と声を出してしまった……orz。

ちなみに邦題は「夜明を呼ぶもの」。
日本語詞だと、「ああ人生に涙あり」(『水戸黄門』の主題歌)みたいに聞こえるのが不思議。

Wikipedia「水滸伝 (1973年のテレビドラマ)」より

「夜明けを呼ぶもの」 作詞:関沢新一(前期版)・水木かおる(後期版)、作曲:佐藤勝、歌:ピートマック・ジュニア レコードは水木作詞の後期版がポリドールから発売された。
水滸伝のテーマ「WATER MARGIN」(BBC放映の英語版) 英語詞:奈良橋陽子、編曲:ミッキー吉野、歌:ゴダイゴ(Vo:トミー・スナイダー) レコードはまずイギリスで上記2曲のカップリングで発売され、その3か月後にシングル「ミラージュのテーマ」のB面に収録される形で国内発売された。

お腹が空いたので、取り急ぎ。
どこか違うところがあったら教えてください。

レポDAY1 レポ1へGO!

コメント

  1. 青空さん

    ご指摘ありがとうございます。
    お察しの通り、コピペミスです。<(_ _)>
    日清カップヌードルのCMと一緒に消してしまいました。
    速攻追加でコピペしました。

    > あと『I WAS BORN TO LOVE YOU』は通常フレディ・マーキュリー名義になっていると思うのですが、タケは繰り返しクイーンって言ってましたね。
    確かに元々はフレディのソロ曲でしたよね。(MR. BAD GUY収録)
    ただフレディが亡くなった後リリースされたMADE IN HEAVENにQUEEN版が収録されています。
    Wikipediaによれば、メディアに多用されたのはQUEEN版で、さらにチャートに関して言えば、キリン一番搾りのCMやキムタクのドラマの影響でQUEEN版の方が上ですね。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%BC
    http://en.wikipedia.org/wiki/I_Was_Born_to_Love_You_(song)

    ついでに日清カップヌードルのCM動画(↓大好きなんで!)

    粗忽者ゆえ、また何か気づいたことがあったら教えてくださいね。

  2. 連日行かれたのですか~?
    さすがです!!
    私は初日の方だけ行けました。
    二日目は、『煙が目にしみる』と『タイムアフタータイム』はなかったのですか?
    やっぱりタケ話し足りなかったのかしら・・・?と笑ってしまいました。
    でも初日の『煙が目にしみる』はとてもよかったと思います。
    良すぎるのが録れたので・・・?
    いや、まさかですね(^_^;)
    あと『I WAS BORN TO LOVE YOU』は通常フレディ・マーキュリー名義になっていると思うのですが、タケは繰り返しクイーンって言ってましたね。
    ゴダイゴのハピネス、みたいなものでどうでもいいのでしょうかね?

error: