Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Stop and Look Around

UNDER THE COVERS by Tommy Snyder
1. SHE (3:57)


2. CLOSE TO YOU (5:28)
3. IMAGINE (4:34)

4. MOONDANCE (4:54)

5. I’M NOT IN LOVE (4:52)

6. STAR OF A MILLION EYES (4:03)
7. FEEL LIKE MAKIN’ LOVE (5:30)
8. CRY ME A RIVER (4:43)
9. YESTERDAY (4:01)

10. WHAT A WONDERFUL WORLD (5:45)

あるFacebookで何曲か紹介されている。
けれど
立ち止まって
考えたい

アンダー・ザ・カヴァーズ(Under The Covers)(直輸入盤・帯・ライナー付き) アンダー・ザ・カヴァーズ(Under The Covers)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2010/02/27)
トミー・スナイダー(Tommy Snyder)

商品詳細を見る

ゼア・カムズ・ア・タイム +4 ゼア・カムズ・ア・タイム +4
(2012/11/14)
トミー・スナイダー

商品詳細を見る

ゴダイゴ
スポンサーリンク
tiara _remixをフォローする
Miscellany

コメント

  1. 最初に書いた奈良橋陽子さんのハリウッド映画「終戦のエンペラー」の特典で、タケカワユキヒデさん作曲の曲が流れる映像が入っているという情報に、間違いがありました。
    この映像は、ブルーレイのみの特典でした。
    DVDには入っていないようです。
    情報の一部に誤りがありました。スミマセン。
    m(._.)m

  2. >Bluebell さん
    そういう主旨だったのですね。了解です。(^^ )

  3. 言葉足らずの表現で、すみません。m(._.)m
    この記事でも提起されている問題の本質を考えていたら、PTA推奨ロックバンドのイメージが強かったゴダイゴの品格、ゴダイゴの昔のアルバム群に私が感じた品格は、昭和天皇の側近を祖父に持つ奈良橋陽子さんが醸し出す品格だったのだろうから、それを、奈良橋陽子さんが内部にいない今のゴダイゴに求めても無理なのではないかしら?と言いたかったのです。
    アウトローであることが格好いいと思って生きて来た人も、世の中にはいるのですから…。
    今のゴダイゴは、昔のゴダイゴではないのだと納得できれば、気持ちが楽になりますよ。
    納得できるまでが、大変ですが(^^;)。
    tiara_remix さんが、早く楽にゴダイゴを楽しめるようになれば良いですね。

  4. Bluebell さん
    情報をいただきありがとうございます。
    YouTubeつながりで、米良さんが歌う日本限定主題歌(曲:タケ、編曲:ミッキー)のPVの一部が見られます。

    サントラもありますね。
    http://goo.gl/GGFgYU
    MP3なら250円位で買えます。

    『終戦のエンペラー』の公式サイトは↓です。
    http://www.emperor-movie.jp/
    フルバージョンがYouTubeにアップされ、誰かがFacebookにリンクを貼った暁には、某Facebookでも「いいね!」をしそうな勢いです。

    私にはそっちの方が怖い。
    せっかくコメントをいただきながら、厚かましいお願いで恐縮ですが、無理矢理でも強引でも主観的でも全然構わないので(^^ )、エントリー記事と関係あるフリをしていただけるとうれしいです。
    よろしくお願いいたします。<(_ _)>

  5. 去年、ハリウッド映画をプロデュースした奈良橋陽子さんの報道を見ていて、気が付きました。
    20世紀のゴダイゴで、奈良橋陽子さんは、作詞だけでなくプロデュースでも「内助の功」を発揮しておられたのではないか?と。
    さて、奈良橋陽子さんプロデュースのハリウッド映画「終戦のエンペラー」が、DVDとブルーレイで発売されていますね。
    タケカワユキヒデさんが作曲した曲の映像も、特典として入っていますよ。

error: