パキスタン・バザール | Miscellany
スポンサーリンク
GODIEGO GREAT BEST ハイレゾ配信!

パキスタン・バザール

パキスタン・バザール
2012/03/25 14:00-14:25(頃)代々木公園 快晴
ゲスト:タケ


パキスタンと日本が友好関係になってから、60周年だそうだ。

なんでタケがパキスタン・バザールのゲストなんだろうと思っていた。
MCの方によれば、ガンダーラ遺跡がパキスタンにある。日本にガンダーラを紹介し、浸透させてくれたのがゴダイゴ。ゴダイゴのおかげで、日本からたくさんの観光客がパキスタンを訪れるようになった。

というわけで、タケの登場。

1.“Gandhara”(1番も2番も日本語)

タケ「今日は♪They say it was in Pakistan♪と歌わなければいけないので、聞いたんですよ。『パキースタン』がいいのか、『パーキスターン』がいいのか、『パキスターン』がいいのか……」

筆者の隣席にいたパキスタン人の少女が、ネイティヴな日本語でつぶやく。

「なんだよそれ」

タケに聞こえるわけがない。(笑)

タケ「どうも一番近いのは『パーキスタン』らしいので、それでいきたいと思います」

♪そこに行けばどんな夢も~♪

「日本語じゃん」

さっきの少女が隣席でツッコミを入れる。この子、いい仕事をしてくれるな~。(笑)
てなワケで、♪They say it was in Pa~kistan♪で“Gandhara”を。
たぶん、クリスマスの時のオケと同じじゃないだろうか。

2.“Monkey Magic”
タケのピアノソロで。

♪Monkey Magic (Monkey Magic)♪の掛け合いは観客と。
ちょっと思ったけど、タケ、“Monkey Magic”のイントロ上手くなったな~。ミッキーには到底比肩できないけど、シャープさが若干出たように思う。こっちの耳が慣れてきたのか???

歌い終わって-

タケ「♪Monkey Magic♪は32回って言ったんですけど、みなさん本当によく歌ってくれるので、40回やっちゃいました」

3.“Beautiful Name”(1番2番共に日本語。歌合戦……orz)
この曲の時だったと思うが、4、5才の男の子が一人、何を思ったか、タケが歌っているステージの上で走り回る。しかし親らしき人も、関係者も静観するのみ。
タケは彼の動きを無視して……というより、まったく気にせずに歌い続ける。さすが幼児に慣れているといった感じ。他の子どももステージに上がってしまったため、一緒に下ろされた。

4.「銀河鉄道999」(1番日本語、2番英語)
演奏が終わって-。

パキスタン大使登場、花束贈呈、記念撮影。パキスタン大使からタケにお礼の挨拶。
パキスタン・バザールにタケを呼んだ要因である“Gandhara”は、ゴダイゴの曲だし、MCさんのトーク内容から本来ゴダイゴが来るべきところかと思う。だがおそらく、持ち時間が20分と短かったことから、セッティングが大変とか、ステージのイベントはタケだけではないので、バンドだと舞台転換が大変とか、Tommyが日本にいないとか、その他諸々の事情でタケ一人が来ることになったんじゃないかと思う。

タケはほとんどの曲を日本語で歌ったんだけど、英語でも良かったんじゃないだろうか。パキスタンの公用語は英語だ。
「日本語で」という指定でもあったのだろうか。

ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ
(2009/02/18)
ゴダイゴ

商品詳細を見る

error: