『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1』が来た! | Miscellany

『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1』が来た!

マニアさんが書いたゴダイゴに関する書籍『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1』(1600円)が筆者の手元に届いた。
いや~、コレがとんでもなく充実している。
マニアさんってば、すごいっっっっ! o_ _)ノ彡☆ばんばん!!

1979

【コンテンツは↓こんな感じ】

【目次】
第1章 ゴダイゴの歴史’79
第2章 ゴダイゴの制作楽曲・作品’79
第3章 ’79年ヒットチャート分析
第4章 ゴダイゴ on TV ’79
第5章 ゴダイゴ on RADIO ’79
第6章 出版物(紙媒体)掲載記録 ’79
第7章 ゴダイゴの使用楽器 ’79
第8章 ゴダイゴ・コンサート ’79
第9章 メンバー5人に関するエトセトラ
(全9章 144ページ)

【注】
『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1』は一般流通していません。もちろん「地球上で最大級の品ぞろえ」のAmazonでさえ、2014/01/03現在、取り扱いはありません。また、本書の内容はゴダイゴのメンバー・所属事務所が直接関知、保証したものではありません。メンバーの写真も掲載されていません。

しかし、熱い、熱い、熱いゴダイゴ・ファン、人呼んで「マニアさん」(←ほめ言葉)によって収集されたファンクラブの会報、雑誌、書籍、Webなどからの詳細なデータと、それに基づく分析および考察で構成されています。
筆者が概観する限り、1979年を疾走したゴダイゴのデータ・ブックとしても意味があると思います。

ご興味がある方は下記へ。

 『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1  特集 「’79年 ― ゴダイゴの時代」』(1600円/送料別)
お問い合わせ先:ABCDE気持さん(編著)←太字部分をクリックするとメールソフトが自動的に起動します。

【2017/05/14追記】↑完売したらしいです。(完売おめでとー!!!)
問い合わせが多数あれば、増刷する……かも???

↓の動画は筆者(=tiara_remix)がこの本を初めて開いたときの様子。(戯れに撮ってみた(^^ゞ)
ハズカシイ(///∇///)ので覆面&声を変えていますが、奇特な方はどうぞ。
『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1』が来た!

OUR DECADE OUR DECADE
(2008/03/19)
ゴダイゴ、GODIEGO 他
商品詳細を見る

 

コメント

  1. ABCDE気持さん
    コメントありがとうございます。
    早速「アヤシイ風体」→「チャラい」に訂正させていただきました。
    謹んでお詫び申し上げます。<(_ _)>
    スマホ版では、画面左上の▼をタップし表示されたメニューの中に、「『IN THE BOOK OF “G-Day”vol.1』が来た!」へのリンクがあります。もちろんアヤチャラい編著者さんのアイコンつきです。(^▽^)
    ところで、ついに、ついに、この本はゴダイゴメンバー全員の手元に渡ったそうですね!
    おめでとうございます。私までうれしいです。(ノ^▽^)ノ~♪
    良かったですね!

  2. いつもブログ左帯部分(PC閲覧時のみ)で
    拙著を宣伝いただきありがとうございます。
    アップされてホヤホヤの筆者近影、つい酒の席の
    「面白いからやっちゃお!」で撮っちゃいました。
    素面になっても、その出来心に変わりはありません(爆)。
    画像使用ももちろん承認済みです。
    チャラけた(アヤシイって言わないの!)画像ですが、
    本の中身は至ってマジメなので、本にご興味を持たれましたら
    著者の風体は考慮せずに(笑)、気軽にご注文くださいませ。
    前回のコメント投稿から2カ月。本日時点の残り在庫は
    13冊となりました。お求めはお早めにどうぞ!

  3. tiara_remix さんの喜ぶ様子が観られて、私も嬉しいです。
    良かったですねぇ(^^)!
    1999年の春頃、インターネットのゴダイゴファンのサイトを見ていて、研究職の方のサイトにゴダイゴに関する記述があるのを見付けた時から、いつか、誰かが「ゴダイゴに関する研究」の論文を書いて下さる日が来るのを、楽しみにしていました。
    インターネット上のサイトも便利だけど、文献は紙で手元に置ける方が私は安心なので、私も手に取ることが出来て、嬉しいです。
    これだけの量の情報を集めて、まとめて、分析・考察して、出版する作業は、さぞかし大変だっただろうと思います。
    ABCDE気持さん、お疲れ様でした。そして、有り難うございます。
    続編も、楽しみにしていますね(^^)。

  4. >tiara_remixさん 
    拙著ご紹介頂き、ありがとうございます。
    144ページという数字。そういえばこの本の計画初期に96ページ
    ぐらいを目安にと考えていたのですが、実際原稿に取りかかったら
    96ページで納まるわけがなく、1.5倍の144ページと相成りました。
    あと本書の頒布に関してですが、本日時点で在庫が36冊となって
    おります。そろそろ増刷も視野に入れるタイミングで、50冊ほどの
    増刷も予定しております。ただご注文時期によっては一時的に在庫が
    なくて発送が遅れるケースも予想されます。その際はご了承下さい。

error: