Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

是非ご一報を!!

20140701013414cef

いつだったかタケソロのMCで、河内長野市の市民ミュージカルの音楽をタケが担当するという話があった。
インフォメーションを出そう出そうと思いつつ、なんか忙しくて……。ゞ(–;)言い訳はどうでもよろし。
開催概要は以下のとおり。

市民参加 ふるさと応援団 第1弾企画
創作ミュージカル 「高向玄理(たかむこのくろまろ) ~★KUROMARO★物語~」
公演日 2014年8月10日(日)
会場 河内長野市立文化会館 ラブリーホール 大ホール
開演 14:00(開場/13:30)
一般料金 前売3,500円 当日4,000円 (全席指定席・税込)
L会員料金 3,000円【前売・当日共】(全席指定席・税込)
全編タケカワユキヒデ渾身の楽曲でつづる壮大な創作ミュージカル大作。
【原作】芝田 啓治(河内長野市長)「奥河内ふるさと学 国博士高向玄理」より
【音楽】タケカワユキヒデ
【脚本】谷原 憲一
【演出】西村 文晴
【総合演出】川上 勝
河内長野市立文化会館 ラブリーホール

一日限定公演なので、チケぴやイープラスなどではチケットの扱いはない。
ご興味がある方は、上記のホールへのリンクからどうぞ。
で、音楽を担当するタケがメッセージを寄せている。
↓☆KUROMARO☆ものがたり:タケカワユキヒデさんからのメッセージ(1)-(2)

タケソロのMCでは、サントラを出すようなことを言っていたので、そのうちCDで聴けるだろう。音頭(!)もあるらしい。きっと衝撃的な曲が聴けるんじゃないかとワクワクしている。

で、気になったのは、このミュージカルの告知記事内の以下の記述。

ミュージカルは、玄理が中国に渡ったとされる史実をもとに、小野妹子や玄理を慕う女性・阿古屋(あこや)などとのやり取りを織り交ぜ、夢とロマンを盛り込んだストーリー。(中略)
 「(音楽を担当する)タケカワユキヒデさんは河内長野で度々ゲリラライブを開催されています。(後略)」
「河内長野に縁ある人たちが作り上げる、 国造りに情熱を注いだ玄理の物語 8月10日公演」『Womanlife』2014年04月30日 南河内エリア/イベントガイド

σ(。・・。)?

「タケカワユキヒデさんは河内長野で度々ゲリラライブを開催」って……。「度々」というからには、一度や二度ではあるまい。ってことは、これから本番の8月10日に向かっても、度々あるかも。これが事実だとすれば、スゴイ情報だ。

もぉ、タケってば~、ゲリラライブなんて、やんちゃなんだからぁ~! 

当局に拘束とかされないでね! ぷぷ(^▽^)

地元でタケの「ゲリラライブ」に遭遇された方は是非、是非、ご一報ください。

楽しみにしています。


僕のソングブック カヴァーズ part4 & MAGIC CAPSULE-2 -Winter 2013-

コメント

  1. Bluebellさん
    コメントありがとうございます。
    今回は「市民ミュージカル」ということなので、市外の観客が来るとも思ってないのでしょうし、呼ぶつもりもないのでしょうね。たった一回限りの公演ですし。いろいろもったいない……。
    私はサントラCDを楽しみに待つことにします。
    全曲タケに歌って欲しいな~。音頭も含めて。ぷぷ。(^^)

  2. 河内長野市って、大阪府だったんですかぁ!
    長野県にあるのかと思ってました。そういえば、遠いなぁと思って、聞き流した記憶が…。
    県庁所在地でなければ、都道府県名が分からないことが多くて、よほど興味の持てるイベント以外は、どれくらい遠いのか確認しないのですが、このイベントは面白そうなので、確認してみました(^^)。
    主催者は、遠方から観に来る人がいる可能性を考えないのか、自分たちの市町村名が全国的に有名だと思っておられるのか、都道府県名が省略されていることって、多いですよね(^^;)。

error:
タイトルとURLをコピーしました