FRIDAY AFTERNOON DELIGHT | Miscellany
スポンサーリンク
GODIEGO GREAT BEST ハイレゾ配信!

FRIDAY AFTERNOON DELIGHT

2013年1月25日(金) FM COCOLO
FRIDAY AFTERNOON DELIGHT DJ:キヨミ
Tommy登場は16:25頃? 出演時間は2曲含めて15分位?


Shanti さんの“Romance with Me”が流れた後、電話でTommy登場。

(筆者が聴き始めたのは“Romance with Me”の途中からだけど、曲が終わって、TommyとDJさんが「こんにちは~」という挨拶をしていたので、たぶんTommy登場はこのタイミングだと思う。

ε-(;ーωーA フゥ…間に合った……。

以下、会話部は、いつものように一言一句喋ったとおりというわけではありません。大体こんな感じ、ってことで……。)

導入は、この番組にゲストで来たこともあるというShantiさんの話から-。

Tommy「最近『ゴダイゴのTommy』じゃなくて、『Shantiのお父さんですよね』とかって言われちゃう」と嬉しそうに。
Shantiさんの一枚目のアルバムをTommyがフランスでプロデュースし、インディーズで日本で発表→iTunes→日本コロムビアと契約。2013年3月に発売される彼女の新しいアルバムでは、Tommyが4曲ドラムを叩いている。
今年に入って、Tommyは香港、上海、北京へRolandのデモで行ってきた(詳細はTommyのHPスケジュール参照)。Tommyは電子ドラム・パーカッションが始まった頃から、開発チームのメンバー。今回、香港では学校でデモや楽器店のスタッフのトレーニングをやってきた。(Tommyはヨーロッパだけじゃなくて、アジアもカバーするのか。忙しそうだけど、フランスより日本に近いから、日本に帰ってくる回数が増えるかも。5人揃ったゴダイゴを見る機会が増えるとうれしいな~)
DJさん「(Tommy自身、来日後ゴダイゴのメンバーになって、休止、再活動で)人生がこういう展開になるとは、想像していなかったんじゃないですか?」
Tommy「77年に日本に来た時、35年後に同じバンドで演奏しているとは思っていなかった(笑)」
DJさん「再活動後のライブは、盛り上がってましたよね」
Tommy「(ちょっと自慢げに)いいバンドだもん(笑)」
筆者「(爆)だよね~!(と、FM COCOLOを受信していたスマホに向かって(^^ゞ)」
THERE COMES A TIME初CD化について-
Tommy「すごいうれしいこと。ボーナストラックも入って、『ルパン三世』の“Super Hero”をTommyが歌っていることをたくさんの人が知らないんですよね。リマスタリングして、音がすごくいいんですよ! 自分で言ってる(照)。すごいluxuriousな(←って聞こえる)アレンジとか。優秀なミュージシャンも参加してくれたし、渡辺香津美とか、亡くなったギタリストの大村憲司とか……」
DJさん「ベーシストの岡沢章さんも入ってますよね」
Tommy「そうそうそうそう」
DJさん「では、THRE COMES A TIMEから“Yes, It Came”を聴きたいと思うんですけど……」
16:30- “Yes, It Came” (筆者注:この曲、郁恵ちゃんバージョン「静かに愛して」も、しっとりしてなかなかいい(アップ主さまありがとうございます)。ちなみに作詞は、「ドキ・ドキ・サマー・ガール」の岡田冨美子氏)
DJさん「Tommyさん、どうですか、こうして自分の曲がラジオでフルでかかるというのは?」
Tommy「うれしいですね(笑)」
DJさん「80年代の曲がCD化されて、また改めて聴くと印象は変わるんでしょうね」
Tommy「レコーディングの時、思い出した。スタジオとか、ミュージシャンとか……」
名曲をアレンジしてカバーしたUNDER COVERSについて-
Tommy「ソロ活動30年で、7枚のアルバム出して、みんなが知ってる曲を一度やってみたいと思って、結構チャレンジしました」

アンダー・ザ・カヴァーズ(Under The Covers)(直輸入盤・帯・ライナー付き) アンダー・ザ・カヴァーズ(Under The Covers)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2010/02/27)
トミー・スナイダー(Tommy Snyder)

商品詳細を見る

DJさん「こんなこというのは失礼だと思うんですけど、Tommyさんの声は優しくて柔らかくて、聴いていてとても安らぎますね。これからもどんどんドラムと歌を同じラインで活動して欲しいと思います」
Tommy「そのつもりでいます」
DJさん「これからの計画はありますか?」
Tommy「これから(考えます)。たまにミニコンサートやったり、神戸の知り合いのレストランで毎年夏ピアノの弾き語りライブやってます。モーションブルーの還暦コンサートで、Shantiに『パパ、もっとライブやったほうがいいよ』と言われた(笑)」
日本で一番気に入っているところは?
Tommy「いやぁ(とても言葉では)言えないです。今いるところは鎌倉で、海、富士山、伊豆半島を見ながらこの番組に出てます」
日本に住んで良かったと思うことは?
Tommy「食べ物……。……日本に来れなかったら、Shantiが出来なかったですね(嬉)」
DJさん「じゃ、一番素晴しい宝物を日本で得たということですね。これからも親子でどんどん活躍してくださいね。最後に関西のみなさんにメッセージをお願いします」(注:FM COCOLOは関西圏の局なので)
Tommy「今年、ゴダイゴでも、Tommyソロでも関西で演奏したいので、よろしくお願いします」
ラストは-
16:39- “Changing Dream”

総評:Tommyは終始ゴキゲン。愛娘の新アルバムの話から始まって、自分のソロ曲で締めくくられるわけだから当然か。今さら、こんなこと言うのはどうかと思うが、Tommyは本当に日本語が上手くなったな~。とても24か25歳までアメリカにいたとは思えない発音。本人の努力ももちろんだけど、音感が良くて歌が上手いと言語の発音の限界年齢を超えるのかもしれない。きっとフラ語もすごい上手いと思う。

ゼア・カムズ・ア・タイム +4 ゼア・カムズ・ア・タイム +4
(2012/11/14)
トミー・スナイダー

商品詳細を見る

↑CD化はもちろんうれしいけど、ボーナストラックに小躍り。(ノ^▽^)ノ~♪

調子に乗って欲を言えば、『大追跡』のエンディング・テーマ “Shadows of a Man”(作詞:奈良橋陽子、作曲:大野雄二)もデジリマにして収録して欲しかったな~(アップ主さまありがとうございます)。

ま、それは次回のお楽しみってことで……。
♪Marin Express (チャッ、チャッ、チャッ)≡(o^∀^)o♪
Marin Express (チャッ、チャッ、チャッ)♪o(^∀^o)≡

error: