Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ゴダイゴを探せ!! (解決編)」

b96980a06687924bc8f8708e2961376c_s

スポンサーリンク

正解

「ゴダイゴを探せ!! (出題編)」の正解は↓

1976年11月3日(水)、NHKテレビ、午後5時30分~『おーい、あつまれ』[再]

[再]とついているからには再放送だったわけで、本放送は午前9時30分から。
残念ながら本放送の欄に「ゴダイゴ」の表記はない。

以上。

geralt / Pixabay

 

それってナニ?

……で、終わるワケがない。

『おーい、あつまれ』ってナニ??? どういう番組? (・・)?
知りた~~~い!!! o(>< )o o( >< )oジタバタ

ってことで、ウロウロ&アタフタ&イロイロ&ドタバタあって―

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

『おーい、あつまれ』の番組内容は以下のとおり。

文化の日特集『お一い、あつまれ』

総合:51.11.3. 午前:9:30-10:00/午後5 30-6:00(再)
『おかあさんといっしょ』で幼児たちになじみの、ゴロンタとトムトム、チャムチャム(ぬいぐるみ)、それに歌のお姉さん、体操のお兄さんたちが、いつものスタジオから緑の公園に飛び出して、100人の子どもたちといっしょに「地球をどんどん」体操をしたり、ゲストのバンド・ゴダイゴの生演奏に合わせてリズム遊びをしたり、本物そっくりの小型SLに乗ったり、中国の獅子舞を楽しんだりする様子を中継録画して子ども向けに構成した。(『NHK年鑑 ’77』日本放送協会・総合文化研究所放送史編修室編、日本放送出版協会、1977年、p.116)

なるほどね。てゆーか、これと同じような話が去年出たタケ本に書いてあったな。タケ本ではゴダイゴが『おかあさんといっしょ』の特別番組に出演し、「地球をどんどん」を演奏したことが書かれている。番組内容が似ているんで、タケ本の『おかあさんといっしょ』の特別番組とは、おそらく『おーい、あつまれ』のことだろう。

もしタケ本の『おかあさんといっしょ』と『おーい、あつまれ』が同じ番組を指すとすれば、こんなことをネチネチ書くのはどうかとは思うが、記録のために指摘しておくと、タケ本の「国際児童年の二年も前」に『おかあさんといっしょ』にゴダイゴが出演した(p.90)、というのは思い違い。国際児童年は1979年で『おーい、あつまれ』は1976年放送。なので、ゴダイゴが『おかあさんといっしょ』/『おーい、あつまれ』に出演したのは厳密に言えば国際児童年の「三年前」。そんな昔の事をタケがキッチリ覚えているわけがないんで、参考資料が間違ってたんじゃないかな?

収録場所

それからもう一つ。NHKの記録では、この番組は録画で、収録した場所は<三鷹市>ということになっている。一方、タケ本では<調布市>野川公園(p.91)。タケの野川公園は信頼できる情報だとは思うが、三鷹市と調布市、このズレは何だろう?

……と、うじうじρ(-ω- ) 考えていたら、なんと野川公園は調布、小金井、三鷹の三市にまたがっているというではないか(「東京都公園協会・野川公園」)なーんだ、NHKの認識では収録地の野川公園は三鷹市だけど、タケは調布市だと思ってるってことか。も~~、紛らわしいな~。(爆!)やっぱりゴダイゴが出演した『おかあさんといっしょ』とは、『おーい、あつまれ』のことなんだな、きっと! (^▽^)

地球をどんど~ん

この番組でゴダイゴが演奏した「地球をどんどん」と、ゴダイゴの某曲とのかかわりは非常に興味深い。その件について書きたくてたまらないが、タケ本91頁あたりに書いてあるので割愛する。(お持ちでない方は、買ってあげてください。)

筆者は、ゴダイゴがその昔、『おかあさんといっしょ』に出演したらしいということをかなり前から知っていた。しかしそれがどのようなものだったのかは、まったく想像がつかなかった。ゴダイゴがブレイク前に『おかあさんといっしょ』の音楽を担当していた時期があったのか、それでレギュラーで画面にも出て演奏をしていたのか。それとも一回だけのゲスト出演だったのか。もしくは演奏だけでなく、アトラクション的にメンバー全員が白いランニングに白いトレパンで、体操のお兄さんをやっちゃったりもしたのか? そう、まるでゴールデンボンバーのように……。

「ゴダイゴ体操のお兄さん仮説」は、ありえない話ではない。だって『ゴダイゴ・イン・クリスマス』(1981年12月25日(金)NHK、18:00-18:40)で、あんなに楽しそうにダンスをやっていたじゃないか。いや待てよ。『タッタ君現わる』(小学館、1983)で、タケは「今までのゴダイゴは、コントや踊りの類いをテレビで披露したことがない」(p.64)と証言している。だから『ゴダイゴ・イン・クリスマス』(1981年)以前の『おーい、あつまれ』(1976年)で「踊りの類い」、つまり体操のお兄さん役をやったということはないだろう。じゃ、メンバーの白シャツ+白パン+白塗りなんて、あるわけないか……。”o(-_-;*) ウゥム…

てなことを妄想していたら、昨年(2012年)タケ本が出て、そこにゴダイゴが『おかあさんといっしょ』に出演したときのことが書かれていた。そしてその後、別ルートから『おーい、あつまれ』情報が筆者の元へ降ってきた(ABCDE気持さん、ありがとうございます。)当初、この二つの番組は、まったくの別番組だと思っていたのだが、上記の理由により同じ番組だと結論づけていいだろう。

当時、ゴダイゴ側にどのような番組としてオファーされ、一方、NHK側ではどのような番組として記録されたのか内状は分からないが、要はゴダイゴは『おかあさんといっしょ』のキャラクターや出演者たちが登場する文化の日の特別番組『おーい、あつまれ』にゲスト出演し、子どもたちのために演奏をした。それだけのことだったのだ。トレパンに白塗りはナシ(やっぱりね(#_ _)ガクッ)。タケ本によればゴダイゴは「地球をどんどん」以外にも、幼児向け番組らしからぬ曲だがゴダイゴらしい曲も演奏したようだ。詳細はタケ本をご覧ください。(お持ちでない方は……、ま、いっか)

推理タイム

ところで、上記に引用した『おーい、あつまれ』の番組内容を読み返すうちに、「ゴダイゴの生演奏に合わせてリズム遊びをした」という記述が気になった。ひょっとしてコレ、“Celebration”のあの変な振り付けの元凶根源なんじゃないだろうか? もしそうだとすれば“Celebration”のあの変な振り付けの根は思いのほか深い。

それはさておき。

いや~、ゴダイゴが演奏する「地球をどんどん」を聴いてみたかったな~。タケが♪地球を どんどん 踏んづけろ どんどん♪って歌ったのかな? なら是非ともタケに、ラブリ~だった時代のタケに「あ・い・うー」を歌い、踊ってほしかった。いや、踊らなくてもいいんだけど……。

♪うさぎが 転んで うぅー
園長先生 え…?♪

あたりなんて、弘道お兄さんに勝るとも劣らないほどラブリ~だっただろうな~。

(´-`).。oO(妄想中……)

拙文を読んでいただきありがとうございます。

楽しく穏やかなゴールデン・ウイークでありますように。

ゴダイゴ
スポンサーリンク
tiara _remixをフォローする
Miscellany

コメント

  1. あの時見たゴダイゴは本当だったのかと思いたちぐぐってここにたどり着きました。

    私はこの番組見ましたよ。たしかに野外だったのですがジャングルジムなどの遊具があったのを覚えています。が、野川公園にそんなものないですよね。当時はあったのかな。それとも記憶違いなのか。

    記憶ではその遊具の前で子供たちとバンドメンバーが向かい合って少し話をしたあと演奏だったと思います。

    当時小学生だったので変な名前のバンドだなと思っていました。それからしばらくしてローランドのSH-1というシンセサイザーの広告でミッキー吉野さんをみかけたりもしました。初歩のラジオという雑誌で78年の10月号だったかな。年は合ってると思いますが月は違っているかもしれません。

    その後西遊記で大ヒットした時に「あのバンドだ」とすぐにわかりましたそのへんなバンド名でw モンキーマジックの最後の方フェードアウトしながらシンセのソロが延々と流れますが、あれはSH-1の音なのかなとか想像していました。

    • t2さん

      貴重なお話を書き込んで頂いて、ありがとうございます。
      この番組を実際に視聴し、記憶に残っているという方のお話を初めてうかがいました!
      うれしいです。

      だって、おそらく『おーい、あつまれ』の映像はNHKにも残っていないでしょう。
      フィルムかビデオか……、いずれにせよ、当時は記録媒体が高価でしたし、録画機器が家庭に普及する前ですからね~。

      もはや人の記憶だけが拠り所です。
      むしろだからこそゴダイゴは、所謂「伝説のバンド」になりえたのかもしれません。

      本当にありがとうございました。

  2. ABCDE気持 さん
    コメントありがとうございます。
    おかげさまで、やっとアップできました。
    『NHK年鑑』にたどり着くまで、結構遠かったです。おまけにコピーを紛失したりもして(>_<)。
    仰るように、タケ本に書かれている曲名と『おかあさんといっしょ』って、ミスマッチな感じがします。
    選曲はあらかじめ打ち合せをしているでしょうから、やっぱり番組のコンセプトは、単純な『おかあさんといっしょ』の特別番組ってわけでもなさそうですね。そこに番組名を変えた理由があるのかもしれません。

  3. 力作エントリー、お疲れ様です! 『NHK年鑑』は私もノーマークでした。
    当初、タケカワさんの『ビューティフルネームの本』の91ページを読んで、
    この番組内で演奏された(スリー・ドッグ・ナイトのカバー)曲名を見て
    「これってホントに『おかあさんといっしょ』なのかな? ’75年12月に
    放送された『第九組曲(通称)』の間違いじゃないの?」と思ったもの
    でしたが、番組出演の事実はちゃんと証明されたということになりますね。
    ご紹介頂いたNHKの「放送番組表検索」で検索すると『おーい、あつまれ』
    放送後の’76年12月19日放送分『レッツゴーヤング』に出演した際にも、
    前述の「カバー曲」を演奏していたみたいです。
    NHKアーカイブスにはこれらの番組映像は現存していない(音楽番組として
    最古のものは、DVD BOXにも収録された’77年4月放送分のレッツヤン)ので、
    文字情報を追うしかないですが、調べる事はまだまだ尽きませんね…!

error: