Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人数の話

P1010088
新曲が発売されるので、ゴダイゴの周辺が騒がしい。

ゴダイゴが紹介される時には、必ずカトマンズでのコンサートについて触れられる。あれだけの偉業を達成したバンドなので、当然である。

スポンサーリンク

60,000人の動員

カトマンズでのコンサートの動員数は60,000人と言われている。その人数がどれほどすごいかは、レーザーディスクを……、って今はないか。YouTubeで見ていただければ、そのすさまじさが分る。
ゴダイゴ 「ビューティフル・ネーム」

Student Times

そういえば……

以前、当ブログでカトマンズコンサートをStudent Timesから採録したことがある。


その際、動員に関する記録も併記した。重複するが再掲しよう。

1980年2月7日(水) 晴
会場:ネパール、カトマンズ王立競技場
出演:ゴダイゴ
司会:「あのネパールの司会の人たち、名前はなんていったっけ。ドゥルーパと、カマルだったかな…」(by タケ)
会場収容人数:50,000人
フィールドを開放しての収容可能人数:70,000人
観客総動員数:約55,000人。
カトマンズの推定人口:30万人
警察官動員人数:900人
事故・負傷者:なし
出典: Take and Yoko “Chattin’ About Music 61” The Student Times Friday, March 7, 1980. p.22

The Student Times では動員数は55,000人ということになっている。あれっ、60,000人じゃ……?

いったい、どこから、誰が60,000人と言い出したんだろう?

『明星』と『Walk On』

カトマンズの動員数の出所を探すと、『明星』1980年5月号ですでに「6万人」。さすがマスコミ、盛ってくれてるな~。

と思ったら、ほぼ同時期に発行されている『Walk On 18号』(1980.5-6月号)では、「興奮のルツボと化した6万人の大コンサート」という見出し。ここかい!?

そして、同ページのアサノさんの日記風レポには、人数について以下のように書いてある。

一体何人集まったのだろう? 5万人あるいは6万人くらいか。6万人といえばカトマンドゥの人口の四分の一だ。まとまったことを考える余裕もなくコンサートがはじまった。
耳がおかしくなったのだろうか、地鳴りのような響きが演奏の音に混る。観客の喚声なのか、6万人の手拍子なのか……とにかく会場の人間はすべて一体となってしまった。われわれも興奮の渦の中にまきこまれてわれを忘れて演奏した。

「 5万人あるいは6万人くらいか。……6万人の手拍子なのか……」

50,000人? 60,000人?
どっち?σ(。・・。)?

『百万人の英語』

ここで別資料からタケの発言を見てみよう。

Take (カトマンズでのコンサートは)単なるコンサートではなく、大げさに言えば「町中の大きなイベント」って雰囲気になってしまったね。立っている人が実に2万5千人で、前にすわっている人を合わせれば5万人という人々が集まったものだから……。(『100万人の英語』英協、1980年5月号、p.17)

そして、写真のキャプションに「何と5万人が続々と…」(p.18)。

タケの発言も写真のキャプションも、50,000人になっている。

つまり、ほぼ同時期に出版された媒体であっても、50,000~55,000~60,000人の幅がある。 IT技術が発達するずっと以前の1980年、発展途上にあったカトマンズのことだから、正確な数字が出るとも思えない。35年も前だし、万単位の人数の話なので差分は誤差の範囲と見て良いだろう。おそらく公称60,000人、実質55,000人といったところではないだろうか。

いや、たとえ55,000人だとしても、すごい。これは東京ドームの収容人数に匹敵する。Wikipediaによれば、野球時の東京ドームの収容人数は46,000人で、イベント時は55,000である。野球中継の観客席をそういう目で見ると、どれだけの人数かの実感が湧く。

いや、そんな話をしたいんじゃない。

以下が本題。

 

ごあいさつ

IT技術が秒速で進化し続けている2011年6月からネットの端っこで細々と運営してきた当ブログですが、本日(2015/08/12)、アクセス数55,000人を達成しました。
(ノ^▽^)ノ~♪

当ブログは尊敬して止まないマニアさんたち、陰に日向に励ましてくださる方々、拙文を寛大な心で読み続けてくださる方々、たまたまアクセスしてしまって、逃げるように去っていく方々など、多くの方々に支えていただいております。本当にありがとうございます。心より感謝を申し上げます。

今後もネットの端っこで、ゴダイゴを聴きながら妄想とかを♪熱く涼しく♪綴ってまいります。

すごーくお時間がある折りにでも、お立ち寄りいただけたら嬉しいです。

2015/08/12 暑中見舞いのご挨拶にかえて……*tiara_remix*

コメント

error: