Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Q東京場所@両国国技館

やってきました、両国国技館。

生来の計画性のなさと、様々なトラブルを乗り越えて、到着は時間ギリギリ。

こーゆーのは時間が押すもんだぜ。

と、思いつつ、内心焦りながら両国国技館の入口を走って探していた。(まぁ、その方向が真逆で時間を無駄にしてしまったんだけれども)

↓両国国技館外観、手ぶれ注意。

2019年04月14日(日)Q 東京場所 両国国技館外観
スポンサーリンク

“Monkey Magic”

両国国技館の外を走っている間、なんか音がもれ聞こえてきた。

聴いたことがある曲……。

“Monkey Magic”

おうっっっっ……orz

どうやら15:45の時間どおりに始まったみたい。

“Monkey Magic”を聞きのがしたなんて……

♪With a little bit of monkey magic…♪

間違いなく蜘蛛の糸放出のところだと思うけど、すごい「うぉぉぉぉぉぉお~~~」が聞こえてきた。

外まで。

聞き逃したぁぁぁぁ……!!!!

”Taking Off!”

そして筆者が会場に入ったときには、すでに”Taking Off!”が始まっていた。

最初から全部ちゃんと聴けなかったけど、日本語だったと思うな。

なので、セットリストは張り出されていたやつを使おう。

“Taking Off!”が終わって、MC。

タケ:すっごくうれしいです! ヒット曲ではないんですが、必ずカッコイイ曲をやります!

と宣言して―。

“Dead End~Love Flowers Prophecy”

↑毎回ながら、めちゃくちゃ良かった!!!

ミッキーのピアノが圧巻。

“Lighting Man”

あー、アレはやっぱりなかった。

かの武道館で、タケがちょ~~~~~~~らぶり~だった

♪And the very next day
They’ll be asking “Who are you”♪

のところのちょ~~~~~~~らぶり~な振り付け。

振り付けじゃない?

ま、それはともかく、筆者は武道館に行けなかったから、国技館で是非やってほしかったんだけど、ステージ上はあんまり奥行きがなくて、Tommyのドラムセットの台が低くて座るところがなかったからか、やらなかった。

土俵が中央ステージになるのかと思ったら、普通に奥がステージだった。

↓ステージ上は神戸と同じっぽかった。こんな並び。

2019年3月31日(日)@神戸・ワールド記念ホール

2019年3月31日(日)@神戸・ワールド記念ホール(エンタメ特化情報メディアSPICE)

竹越さん、Tommy、ホーンズ
アサノさん、ヨシザワ、Steve、ミッキー
タケ
[客席]

いや~、アサノさんは今日もカッコよかった!!

マジしびれたぜ。

“In the City”

安定のTommy。安心して聴ける!

Tommy~~~、良かったよ~~~~~。

あー、そういえば、”Lighting Man”で♪”When the fall comes, oh please let it be slow”を聞いた次で、♪I’m really worn out and I’m ready to fall…♪って、んふんふ。(*^^*)

タケはヨシザワの隣のスツールに座って、コーラス。

Tommyの♪I’m all alone…♪シャラシャラシャラ~ン(←ゴメン)で、終わる。

拍手のあと、いったん会場はしーんとなる。

“Try to Wake Up to a Morning”

そこへミッキーのピアノで”Try to Wake Up to a Morning”のイントロがなめらかに始まる。

間奏だかアウトロのギターソロはたぶんヨシザワだったと思うな。

いや~これが、もうもう、さすがヨシザワ!

↑何も伝わらなくて申し訳ない……。

MC:メンバー紹介

タケ:メンバー紹介します!

と、下手側からタケが紹介を始める。

順番は以下のとおり。

アサノさん、ヨシザワ(「ごっつぁんです!」と一言。笑った(^^ ))、竹越さん、Tommy

ゴダイゴホーンズのみなさん(敬称略) Sax:鈴木圭 、Trumpet:奥村晶、Trombone:池田雅明

Steve、「リーダーの」(とか言ってたような気がする)ミッキー(←ミッキーへの歓声が一番大きかった)、(Tommyが「それとリードボーカル」とか言って)タケ。

「それと」って聞こえたけど……その接続詞ヘンだから。ぷぷ。

ヒット曲コーナー

タケ:つづいて『西遊記Ⅱ』の”Holy and Bright”と「ガンダーラ」。

”Holy and Bright”(日、日)

“Gandhara”(日、日)

なんか後ろで歌っている人がいた。歌いたくなっちゃうよね。(^_-)

「ガンダーラ」なんかさー、何百万回も聴いてるのに、♪生きることの苦しみさえ消えるというよ♪で、うるっときてしまった。筆者でもいろいろつらいことがあるんだ。ちなみにこの日本語詞を書いたのは「ああ人生に涙あり」(「水戸黄門」の主題歌♪じ~んせい らーくーありゃ く~もあるさ~♪)を書いた山上路夫氏。

「ガンダーラは、ゴダイゴ初の……の曲だった」
2012/03/19 O.A. 『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ 21:00-) テーマ:昭和VS平成名曲 今だから話せるありえない秘密大公開 2時間ちょっとスペシャル ゲスト:タケ他 約1時間 タケが出るまで...

“Beautiful Name”(日、日、歌合戦:うーあーうーあららら)

ミッキー、Steve、竹越さんが久しぶりに赤青のうちわを手に応援。

さて、文字通り軍配はどっちに? と思っていたら……

タケ:どっちも勝ち!

筆者(心の声):えっ!? 国技館なのに、勝敗決めなくていーのか(・・ )?

最後のMC

タケ:とうとう最後の曲に……。ゴダイゴはがんばってるんで、また観に来てくださいね! フェスまたやりたいんで……。

5月3日と4日、Billboardでライブやります。来てね!

Steve:(小声で)Are you ready?

タケ:最後の曲です。(「えー」という会場に)最後にすごいの出るから。

筆者は、「すごいの」は「銀河鉄道999」を指すのかと思っていたら、なんとSteveがびっくりするような大声で”Are you ready!!!?”。

すごい、というのはそういう意味か。ここらへんは定番の流れだけど、筆者はやかましくてくどくて好きじゃない。ゴダイゴを1回しか見ない人は別になんとも思わないところだとは思うけど。

「銀河鉄道999」

例のイントロで筆者の前後の一角の皆さんが一斉に立ち上がる。

後ろが座っていたので、筆者はずっと座っていたんだけど、後ろの皆さんもついに立った!

チャーーーーーーーンス!!!

そこからはもちろんノリノリさ。ミラーボールはなかったけど、すごく盛り上がった。

いや~それにしても、みんな楽しそうに歌ってたな~。

みんな「銀河鉄道999」好きなんだね。なんかうれしい。

終演

「銀河鉄道999」が終わると、メンバー、サポートのみなさんが舞台前面に一列になって礼。

神戸では、「ポートピア」をやったらしいけど、東京ではやんないのか……。

ということで、舞台上のみなさんは全員退場ー。

会場みんなが「銀河鉄道999」で大満足したのかな、拍手は静まり、アンコールはなかった。

今回、次のバンドがいるから、時間が延びるのはダメなんだろうな。ゴダイゴだって時間どおりに始まったみたいだし。

まぁ、フェスだからね。

残念な思いはあったけど、筆者は満足してたし、納得もしていた。

「銀河鉄道999」が終わって、「ポートピア」もないまま、筆者は椅子でちょっと余韻に浸っていた。

16:35だった。演奏は1時間なかったのか……。

ちょっとさびしい……。(。・・。)

そんな筆者の気持ちを知ってか知らずか(知らんやろ)、ステージ上では、次のバンドのために楽器の入れ替えと、マイクテストが始まった。

総評

艱難辛苦乗り越えて、いろいろ悩んだけれども、やっぱり行って良かった!!!!

セットリストも演奏もすごく良かったし、サクサク進んだ。これぞゴダイゴの本領発揮、という感じだった。

席によるのかもしれないけれども、両国国技館の音が意外とクリアだった。

両国国技館ってすごく不思議な空間で、ああいうコンサート会場はたいてい飲食禁止なんだけれども、枡席の人たちは靴を脱いで、何か食べたりお酒を飲んだりしながら音楽を聴いていたみたい。

今回のセットリストはビールを飲みながら聴きたかったな。

セットリストとアルバムリスト

帰り際に、ブログ用の素材写真を撮るためにロビーに出たら、セットリストと収録アルバムの一覧表が貼り出されていた。

なるほど、これはなかなか親切じゃないか!

YouTubeでしか知らない人たちも、アルバム単位で聴いてくれるといいな。

ない!?

セットリストを眺めていたら、ふと気づいた。

Σ( ̄□ ̄;)ガーーーーン

”Cherries Were Made for Eating”がなかったじゃないの!!

ああっ! o_ _)ノ彡☆ばんばん!!

(ノД`)聴きたかった……orz

“Monkey Magic”は聞き逃すし、”Cherries Were Made for Eating”も聴けなかった……。

心残りはあるけど、それを差し引いても、行けて良かった。

筆者が帰った後にやったのかな~。

↓曇り空>桜>のぼり旗(手ブレ注意)

2019年04月14日(日)Q 東京場所 両国国技館 曇り空>桜>のぼり旗
LIVE
スポンサーリンク
tiara _remixをフォローする
Miscellany

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました