Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2015/09/21@南青山MANDALA(レポ1)

DSC00321

2015/09/21@南青山MANDALA
出演:タケ&ふなりん

2015/09/21@南青山MANDALA(セットリスト)
2015/09/21@南青山MANDALA(セットリスト) 2015/09/21@南青山MANDALA 出演:タケ&ふなりん 洋楽カバー 1. “Do You Love Me" (The Dave Clark F...
スポンサーリンク

影アナ

CDに収録されるだろうから省略しようと思ったのだけれども、収録されるのは大阪×1、東京×2=3回のうちの1回だけだろうからあらすじだけ。

タケ:本日はようこそ……。恒例の生影アナです。リハでダンスをやっていたら、体が軽かった……

という話から……

タケ:(たぶんどや顔で)もしかして、ちょっと痩せた?

衣装

タケ登場。

タケは黒パンツに黒い靴。白い襟付のシャツにエンジ(オレンジ?)に黒の小柄が入ったマフラーといういつもの厚着いでたち。このマフラーの端処理がテキトーなんだかどうだか分かんないけどボロッボロで……ゞ(- -;)、あ、そういうデザイン?

で、おっ、と思ったのがジャケット。ジャケットはコントラストがさほど強くないダークグレーとグレーの迷彩柄(?)。このジャケットは初めて見たけれども、なかなかおしゃれでいいじゃないの。

と、思ったら、左の二の腕あたりにドクロがクッキリと白く刺繍(ししゅう。タトゥーではない)されている。えーっ!? 愛と夢とjoyとハピネスを歌うタケがドクロマークを腕に!? 不良に憧れるお年頃? ぷぷ。

最近、ドクロマークが入った服をあちこちで見かけることが多いけど、あれはどっかのブランドじゃなかったっけ。もしかすると、あのジャケットだけで何十万円とかするのかも……。

一方、ふなりんは青かった(ガガーリンか!? って、どこかで同じツッコミをしたな)えーと、えーと、デニムっぽいような雰囲気があったようななかったような、そんなような気がしたようなしないような……。(ごめん!)

DSC00329

 

オープニングトーク

タケ:すべての曲が挑戦という感じになっています。……これまで、フランス語、韓国語、ドイツ語の曲もあったけれども、今回、それは遠慮させて頂きました。すごい大変なんだよね。最初はなんだが面白くて、これはいけるんじゃないかと……、途中でハードル高かったなと気がついて、本番で1回も上手くいったためしがない。

ふなりん:なかなかCDに入らないですね。

タケ:一度もちゃんと歌えていない……。今回はその代わり趣向を凝らしています…

ふなりんもかわいそうだよね。各国語でコーラスにつきあわされてるのに。ぷぷ。

洋楽カバー

1. “Do You Love Me” (The Dave Clark Five)
ビートルズと大体同じ頃の人たちで、アメリカで大ヒットしたとか。

タケはハーモニカで演奏に絡む。 “M.O.R.”を思い出すねぇ……。

2. ”Beat It” (Michael Jackson)
タケ:いきなり今日のメインイベントで…。Michael Jacksonです、という事は、踊ります。ちょっとですよ。踊り倒すという事は私にはできないので、ちょっと踊るだけでも、努力したんだなと……。

前回マイケル・ジャクソンをダンス付でやると宣言していたので、とても期待していた。“Billy Jean”のムーンウォークか“Smooth Criminal”のゼログラビティか、いや、さすがにそれは難しい。“Thriller”だったらダンスが本業ではないタケでもできるかも。ウケも狙えるし……と、筆者はあれこれ予想を立てていた。

タケ:”Beat It”です……。

おおっ! それで今日の衣装はドクロマーク? タケから”Beat It”は全然イメージできないや。いや、できるか。”Beat It”ってざっくり言うと、「ケンカなんかしちゃいかん! 今すぐここから去れ!」っていう歌だからね。

はて、”Beat It”のダンスってどんなんだったっけ……σ(。・・。)?

タイトルを言った後も、タケはなかなか歌い出そうとせず、なんとなく視線が合ってしまったふなりんに、「なんか忘れてないっけ?」とか、「みんなに踊りを強要するようなことない?」とか言ったり、「YMCAをやったときの振り付けくらいしかやんない」とか、「準備運動……」とか、なかなか曲に進もうとしない。(勇気が要ったんだろうな)

そして、意を決したように……

タケ:じゃ、いきますか?

で、ふなりんのイントロが始まる。
歪みを帯びたキーボードの音とバックからの赤いライティングが“Beat It”の緊張感をステージ上に再現する。その中央、スタンドマイクの前に立つタケ。

タケ:♪They told him
Don’t you ever come around here…♪

マイケルのような鋭さはないにせよ、まぁタケなりに頑張ってるかな。ケンカの場面にいいとこの坊ちゃんの生徒会長が来て、思い切り悪ぶって仲裁に入ってるって感じ。

そして衝撃のサビ!!!!!

タケ:♪Beat it, just beat it…♪

タケは右手拳を上から振り下ろしピシッピシッ。両手の人差し指を左右交互に上下させ、次に両手グーを上手方向、その後、下手方向へ各2回ずつ突き出しては引っ込めてローイング。

マイケルを一切彷彿とさせないダンス! o_ _)ノ彡☆ばんばん!!

ダンス、というより、むしろ六十肩体操。「ローイング」としか言えない振付は、まるで、プジョーのエンブレムが井の頭公園でボートを漕ぐ姿にそっくり! 見たことないけどね。いや~、笑った笑った。おなか痛い……。

タケの「チャレンジング」な踊りは、あの世界的に有名なサビがリピートされる度に、客席に爆笑の渦を巻き起こした。

その一方、大真面目にパフォーマンスを繰り広げるステージ上のタケ&ふなりんが、ブルースブラザーズみたいにカッコ良く見えたもんね。

よくがんばりました!!。(^▽^)

3. “Copacabana” (Barry Manilow)

タケ:歌ってて気がついたんだけれども”Copacabana”はハバナの歌なんだよね。(おもむろに)♪Have you ever seen Havana♪ “Havana”って聞いたことあるなと……。今日リハ中に初めて気がついたんだよね……

で、タケが、「ハバナチョコレートを食べた?」と、会場アンケートを。

もちろん、筆者は買ったさ。(*´σー`)

なのにタケ本人は「食べてません!」とキッパリ。ゞ(- -;) 客席から「えーーーっ??」と、総ツッコミが入っていた。

森永ハバナチョコCMはYouTube2:38あたりから

ゴダイゴCM集 with makotosuzuki (1976-1990)

わーっはっはっは……ヾ(≧▽≦)ノ

わーっはっはっは……o_ _)ノ彡☆ばんばん!!

わーっヾ(≧▽≦)ノ

ハッ!Σ(゚∇゚*)!! タケの両目ウインクに悩殺されている場合じゃなかった。

んー。

「ボクからキミへ」という台詞があったから、CMの中では囓ったフリっぽいな。(全然関係ない話だけど、「ももぴーちぴち」や「げんきでね!」から比べたら台詞上手くなってるじゃん!)じゃぁ、本当に食べてないのかな。でも、メーカーさんやファンから差し入れがあっただろうから、やっぱり「食べてない」ってことはないと思うよ。

あと”Copacabana”は多くの賞を受けていて、歌詞が一人の女性を二人の男性が取り合って撃ち合いになり、“Who shot who?”(どっちがどっちを撃ったんだ?)で、サビに入るサスペンスみたいになっている。歌詞のうまさが受賞理由の1つじゃないか、と言っていた。

曲が終わると-

タケ:今回は曲によって声の出し方が違うので、それを楽しんでいただければ……

4. “Be My Baby” (The Ronettes)
爆笑問題のラジオ番組に出演した時に、タケが選んだ10曲の中にこの曲を入れていた。爆笑問題の田中さんも別の機会に曲リストを作った際、この曲を選んでいた。それを知って、田中さんと繋がったような気がした、とタケはうれしそーーに言っていた。

“Be My Baby” では、

♪Be my, be my baby
My one and only baby♪

というコーラスを観客に歌わせて……

DSC00330

「2015/09/21@南青山MANDALA(レポ2)」へつづく

コメント

error: