Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2015/07/19@南青山MANDALA レポ1

すごーくお時間がある方は↓からどうぞ。
2015/07/19@南青山MANDALA(DAY1)


2015/07/19@南青山MANDALA(DAY2)
http://tiararemix.blog.rouge22.com/20150719-mandala-setlist/

20150719 エントランス

2015/07/19@南青山MANDALA
出演:タケ&ふなりん
最高気温(東京都心):34.8℃!!!(日本気象協会

スポンサーリンク

影アナ

タケ:……相当暑い日が続いています。暑いので布団をはぐと足が攣ります。足が攣りそうなときは足の力を抜いて、ふーっと息を吐くと良いです。……

タケ登場し、ペットボトルのキャップをひねり、水を一口飲んで-

タケ:水分が足りないと足が攣ります。

と、ひとしきり足が攣る話。ステージで足が攣りそうになるとか。

タケ:ステージで倒れたら足が攣ったと……

おっ、もしかしてゴダイゴ@新歌舞伎座2015の”Steppin’ into Your World”で、タケが見せた過激なパフォーマンスは、足が攣ってたからかな。ぷぷ。

で、ふなりんを呼ぶ。

タケはこの暑いのに、光沢のあるグレーのジャケット。シャツはピンク、というか赤というか、イチゴ色が近いかな。パンツと靴は黒。ふなりんは青かった。(Σ\(- -;) ガガーリンか!)

一曲目に入る前に、タケとふなりんの雑談。

タケ:(しみじみ)やせてますね~、本当に。どこか悪いとこないよね?
ふなりん:バッチリです。
タケ:一番怖いのは腱鞘炎だよね。
ふなりん:今のところ大丈夫です。
タケ:あとは年齢の問題で、ハッと気がつくと……。毎日(ピアノを)弾いてる?
ふなりん:そうですね。
タケ:ワタシみたいに、必要が無いときに弾かないときちゃうんだよね。(タケの腱鞘炎が良くなってきたので)ちょっとずつ、ピアノを弾きながらライブを……。このシリーズでは、せっかく舟山くんを手に入れたので……。どんな無理を言ってもやってくれる……。今回はたくさん無理を言っています。

まったく桔梗屋さんたら……。ε=(‐ω‐;;)

最初にタケがふなりんに演奏を依頼して、「舟山くん、歌はどうなの?」って聞いたら、ふなりんは「歌は……」ってネガティブな返答をしたらしい。でも段々ふなりんは歌が上手いことが分かり……

そしてふなりんの歌の分量がどんどん増えて→怪しげな中国語も喋って→今回は怪しげなドイツ語で……→CDのジャケットまで……

タケ:次は何をやってくれるのか楽しみで……。意地悪で言ってるんじゃないんです。
ふなりん:……(「考える人」の像のようなポーズで、斜め前方45度下の一点をじっと見つめ、固まっている)

洋楽カバー

“Dschinghis Khan”(Dschinghis Khan)

*ドイツ語らしいのでドイツ語表記で。

タケ:(ふなりんに)ドイツ語はやったんだっけ?
ふなりん:少しやりました。
タケ:大学の初級と上級?
ふなりん:いえ、初級の「初」くらいで……。
タケ:じゃぁ、最終的にやったのは中国語?
ふなりん:いえいえ……。フランス語を……

タケは、どうしてもふなりんが独語乃至仏語の上級まで履修したと理解したいらしく、「フランス語も初級と上級?」としつこく、真剣に聞いていた。外語大の第二外国語は、上級までが必修だったのかな。

タケ:上級までやんないと卒業させてくれないんじゃないの!?
ふなりん:ちょっとだけで良かったんで……
タケ:えーなんで!?

タケの本気っぷりが結構おかしかった。ちなみにタケの卒業に関わる第二外国語のフランス語との格闘は、あちこちで確認することができる。たとえば『Walk On』1983.3-4月号で、タケは大学で『青ひげ』(”La Barbe bleue”, Perrault, 1697)、と『追放と王国』(”L’Exil et le Royaume” , Camus, 1957)をフランス語で読んでいて、「カミュの方は日本語の方をよんでも解らんところが多くてこまります」と言っている。また、フランス語のテストに苦労した話が「タケカワユキヒデのMORエッセイ その30 社会人!?」(『タッタ君現わる』/『タッタ君ふたたび 上巻』収録)でも認められる。それから……あー、もう、探すのがちょーーーーーーメンドクサイので省略。てなわけで、タケにとって第二外国語であるフランス語と卒業は切っても切れない深い関係がある。それで、ドイツ語とフランス語の「初級/上級?」に拘ってたんだと思う。

ということで、タケ&ふなりんは“Dschinghis Khan”をドイツ語で歌うことに。

観客にイントロの♪うっ、はっ!♪とサビの♪ジン・ジン・ジンギスカーン♪を歌わせて-

タケ:♪○※△☆#%@&□♪(←全然聞き取れない!!!)

次回はマイケル・ジャクソンに振り付けアリで挑戦すると予告があった。えっ、あんな難しいダンスをするの? マイケルのダンスができたら相当すごい。マイケル・ジャクソンといえば”Thriller”か。いやそれより“Billy Jean”のムーン・ウォーク、はたまた“Smooth Criminal”のゼロ・グラビティかもしれない。そうか! 昨日のボックス・ステップはマイケル・ジャクソンの前振りだったんだね。期待しちゃうぞ!(^_-)-☆

確かに昔のタケは機敏だったし、「MORエッセイ」で「僕はスポーツは得意で、球技から個人技に至るまで、何も人並み以下のものはないほど」と書いている。(「タケカワユキヒデのMORエッセイ その63 偉大なるモヤシ達」『FMレコパル』小学館、1984年第5号、pp.116-117、『タッタ君ふたたび 下巻』収録)それから……。あー全然先に進まないので、以下省略。

“Delilah” (Tom Jones)

“Delilah”が終わって-
登場時からずっと立ちっぱなしだったタケは、ここで椅子を引き寄せて座る。最近、立って歌う曲が多くなったね!よしよし。(▼.▼)y-゜゜゜

タケ:次はミュージカルナンバーにいこうと思います。僕は出たことはないのですが、一時期、ミュージカルっぽい番組の司会をやっていて、『とうきゅうミュージックプラザ』というのですが……。(【追記2015/07/28】このプログラムについてはコメント欄参照)テレビの『サウンドインS』みたいな、ミュージック・ショーみたいなので……。日本中セットでまわる司会をやって、その時、踊らされるんです。ちょっとだけ。……必ずどこかで右手と左手が一緒になって……。台詞みたいなのもあって……。なんかうまくいかなくて……。申し訳ない。

(。≍ ‿ ≍)ぷぷ 誰に謝ってるんだろう? 全然、申し訳なくないけど? 筆者は『東急ミュージックプラザ』を視聴したことがないから、何がどんなだったか分らない。……タケに何かトラウマを残した番組だったの? 一体、何があったんだろう……?

“Somewhere Over the Rainbow” (Judy Garland)

タケは“Somewhere Over the Rainbow”を細かく知っているから、どこかで歌ったような気がするが、どこか分らない。スタッフさんに尋ねても「知らない」と言われたと……。

タケが「自信を持って」と言ってるくらいなので、本当に熟れている感じ。CDになったら、この曲は聴き所だと思うな。この人、こういう曲が、しっとりと歌えるようになってきたんだね。まだ伸びしろありそうじゃん。ららら~。(* ̄▽ ̄)θ~♪. ♪

最近、BSのジャズ番組へのオファーがあって、タケソロライブで歌った曲があるし、”Smoke Gets in Your Eyes”とか歌える、と思ったら、「ヒット曲でいいんです」と言われてしまったとか。(爆)

“Lollipop”

タケ:♪Lollipop Lollipop Oh Lolli Lolli (repeat 3times)♪だと、息継ぎができないから、Ohを外して、1、2、3、5番で……。

なんのことやらさっぱり。┐(´-`)┌

タケは、リズム感のない筆者には絶対に解読&再現不可能な難解なリズムをハンドクラップで刻みながら、ふなりんのコーラスを従え、アカペラで-

♪Lollipop Lollipop Lolli Lolli……♪

とポップに。

今日もキメの”ポンッ”ってところで、両手で頬を叩き……

ノ)゚ε゚(ヽ(アッチョンブリケ!)

最後の一回は必要なかったのに、タケってば、やっちまったらしい。(爆)

タケ&ふなりんはエンディングで大笑いしていた。

「2015/07/19@南青山MANDALA レポ2」へつづく。

オズの魔法使 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ

コメント

  1. 「とうきゅうミュージックプラザ」ですが、これはテレビ番組ではなく、1983年~88年頃まで春・秋に開催されていた東急グループの販促コンサート(葉書郵送による抽選制で、当選者は無料招待)のことです。

    コンサートのホステス&ホスト役が森山良子さんとかまやつひろしさん、タケカワさんは岩崎宏美さんと共に1985年10月の第6回にゲスト出演しました。ツアーは東京・福岡・大阪・札幌・名古屋の5公演でした。

    コンサートの演目の中で、”FLY ME TO THE SPACE” と題した、ミュージカルっぽい洋楽メドレーや、岩崎宏美さんとのデュエット曲(間奏でお互い台詞がある)などもあったので、先日のMCはこの時のコンサートのことをお話しされたものと思われます。

    • ABCDE気持さん

      コメントありがとうございます。

      なるほど、この『とうきゅうミュージックプラザ』はテレビで放送されていなかったのですね。
      誤解していました。

      無料招待とは、東急も太っ腹です。見に行けた人がうらやましい!!

      それにしても、さすが、マニアさん!
      なんでも知ってますなぁ。ヽ(∇⌒ヽ)

error: