Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2014/02/02 @北とぴあ

開演16:05


1. Introduction(←テープ。っていうか録音)~“M.O.R.”
2. “Mirage”
3. “Salad Girl”
4. “The Water Margin”(by Tommy)
5. “Havoc in Heaven”
6. “We’re Heading Out West to India”
7. “Holy and Bright”(日・日)

休憩トークコーナー

8. “It’s Good to Be Home Again”(タケ+アサノさん+Steve+竹越さん)
9. “Just a Little Bit”(Tommy+ミッキー)
 *桑田佳祐の曲をTommyが気に入ってカバーしているらしい。
10. “Dead End~Love, Flowers, Prophecy”
11. “Where’ll We Go from Now”
12. “Try to Wake Up to a Morning”
13. “Beautiful Name” (日・日。歌合戦……orz)
14. “Cherries Were Made for Eating”
15. “Taking Off!” (日・日)
16. 「銀河鉄道999」(日・日)
17. “Gandhara” (日・日)

~Encore~

 “The Birth of the Odyssey”(←録音)
18.“Monkey Magic”
19.“Celebration”

終演:18:00ころ


たぶん、ぜんぶで1時間55分位。(短っ!)
うち“Beautiful Name”歌合戦つき→10分位(長っ!)
休憩トークコーナー、20分位。(長っ!)
ちなみに2013年11月開催ポール・マッカートニー(当時71歳)来日公演「(大阪)ライヴは2度のアンコールを含め、2時間45分…、合計37曲…」。さすがポール!

さて、セットリストは上記のとおり2013/10/12@日比谷野音とほとんど同じ。コピペでちょー楽!
2013/10/3-5のBBL OSAKAで聴いた曲ばっかのような気がするけど、ただのデジャブ? σ(。・・。)?
えーと、このままの流れでいくと、2014/3/1(土)の新歌舞伎座も、2014/4/22(火)-4/23(水) のBBL TOKYOも同じセットリストで行くのかな。いや、「ツアー」って言われちゃっちゃー、しょうがないけどさー。こう毎回同じセットリストじゃ、なんか飽きちゃう。何曲か入れ替えはできないもんなの?
ミッキーは、セットリストがネットに載っているのを知らないのだろうか。
さすがにお客さんが相当カブってるのは気付いているだろうけど……。

ハッ!Σ(゚∇゚*)!!

そうだ! しばらくの間、セットリストが変わらないってコトは、なにも、ぜーーんぶライブに行かなくてもいいってことじゃん。

いろんな意味で、マジ助かる。

次回は久しぶりにレポでも書いてみようかな。
「@北とぴあ レポ ―その0―」へつづく。

コメント

  1. 今のゴダイゴについて、二つの視点から眺めてみました。
    (1)経済的な視点
    最近の日本の音楽産業は、新譜が売れなくなって、既存の音源を売るのと、既存の作品を生で演奏する公演が、ビジネスの主流になって来たのだとか…。
    ゴダイゴも、日本コロムビアのアルバムをライヴ会場などで売ることと、作品をバラ売りでインターネットで売ることと、近くの会場に来るから初めて聞きに来るヒット曲しか知らない大多数のファンが、ビジネスのメインターゲットなのだろうなぁと思います。
    (2)個人的な視点
    私の場合は、特に「タケカワユキヒデさんのホーム・レコーディング・デモ・シリーズ」の続きが聴きたいし、歴史としてゴダイゴを研究する方々の論文が読みたいのですが、私の友人たちが楽しみたいのなら、色々なゴダイゴを楽しんで貰いたいなぁと思います。
    私は、日本の財政についてはホットですが、ゴダイゴについてはクールで、ごめんなさい。
    m(._.)m

  2. >青空さん
    コメントありがとうございます。
    お友達が楽しめたようで、私までうれしいです!
    Tommyはいつも安定してますよね~。すごい器用だし。
    まぁ、声が「お父さん」になっちゃったのは仕方ないですけど、逆にだからこそ“The Water Margin”は重厚感が出て、今のTommyに合うな~と思います。
    “The Water Margin”はゴダイゴらしい曲で、いつ聴いても演奏に引き込まれます。

  3. >Bluebellさん
    コメントありがとうございます。
    あ~、じゃ何回もゴダイゴのライブに行っている私は、ゴダイゴの「正客」じゃないのでしょうね~。
    こんなに好きなのに、中学生並の片思いのなのか~…orz
    悲しいです。ううっ……(ノД`)

  4. >あきらさん
    コメントありがとうございます。
    “Just a Little Bit”は有名な曲なのでしょうか。初めて聴いたのですが、「さすが桑田っ!!」と、膝を叩きました。ミッキーのオルガンも良かったですね。雰囲気がすごい曲調に合ってました。
    どうせ他人の曲を歌うのであれば、Tommyには『ルパン三世』からの曲とか、「マリン・エクスプレス」も期待したいです。Tommyコーナーは、タケを喰っちゃっていいと私は思います。

  5. いつもセットリストお疲れ様です。
    おんなじでしたね~(^^;
    でも一緒に行った友人はファイナル以来だったのに、どの曲も思い出せた!時間が戻った!と満足気でした。
    選曲自体は絶妙なのでしょうね。
    ホーンズがないということで、ミッキーのアレンジは少し変化がつけてあったかな?
    でもそれより、前半でさんざんドラム叩いたあとのトミーが、とても繊細な弾き語りをされていたのは感動でした。
    次回レポへのネタバレになるといけないのでこのへんで。
    野音とは別の種類の満足がありました(*^-^*)

  6. ゴダイゴだけではないのでしょうが、復活したグループのライヴの「正客」は、グループの最盛期にはライヴに行けなかった方々、今だから初めて生のライヴに行ける方々なのだと思いますよ。
    私は、ゴダイゴのライヴでは、物販ブースに並んでいる昔のアルバム群を眺めるのが最高の楽しみです。

  7. 早速のセットリストありがとうございます。
    私も野音とほとんど同じ…と思いました。もうちょっと違う曲が入っているといいかな…と。
    セットリストの入れ替え時期を教えてもらえれば、同じシーズン全部行く必要ないですよね…。
    とはいえ、北とぴあの会場の大きさと、ホーンズが入っていないサウンドもまたよかったです。私はミッキー推しなんで、トミーの桑田さんのカバー曲のセッションなどとてもよかったです。ハモンドオルガンはいいな~と。Holy and BrightとWhere’ll We Go from Nowを聴いていて当時発売日にレコード店に600円持って買いに行った日々を思い出しました。
    今日は結構初めての人が多かったので、ライブが増えてゴダイゴリスナーの裾野が広がるのはいいなと思いました。
    3/1新歌舞伎座は、私は行くのを断念しましたが、わざわざこんなところでやるのでIN YOU 勧進帳でもやるのかと思うのですが、違うのですかね…。秋の渋公相当のライブまでおあずけかもしれません。

error: